印刷版   

7月23日、スイスのノイエ・チルダー・ツァイトゥング紙日曜版は、イランが同国の核問題をめぐる国際会議の主催をスイスに要請したと報じた。写真は14日、イランのモッタキ外相(2006年 ロイター/Yiorgos Karahalis)

イラン、核問題でスイスに国際会議主催要請=スイス紙

 スイスのノイエ・チルダー・ツァイトゥング(NZZ)紙日曜版は、イランが同国の核問題をめぐる国際会議の主催をスイスに要請したと報じた。スイス外務省スポークスマンのコメントは得られておらず、イランからも報道に対する反応は示されていない。

 NZZ紙は「信頼できる筋」の発言として、この要請は、先週イランのモッタキ外相がスイス政府高官とテヘランで会談した際に行われたと伝えた。

 イランは、この国際会議の出席国として、国連安全保障理事会常任理事5カ国に加え、日本、スペイン、もしくはインドやパキスタンなどの国を希望している。

(ロイター7月23日=ジュネーブ)

 (06/07/24 11:07)  





■関連文章
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • 7・5ミサイル案件以降、平壌当局「四つの不可思議」(06/07/19)
  • ブッシュ大統領が訪独、米独関係親密化(06/07/14)
  • イラン、核技術を持つ権利は放棄しない=大統領(06/07/13)
  • イラン、包括見返り案への早期回答拒否で国連での協議も(06/07/12)
  • イランは核問題包括的見返り案への正式回答示す時期=米国務長官(06/07/11)
  • イランは包括的見返り案に前向きな印象=ラリジャニ事務局長(06/07/08)
  • 北朝鮮のミサイル発射、中共が黒幕(06/07/08)
  • 米国防総省高官、イラン核施設爆撃しても成功しないと大統領に警告=雑誌(06/07/03)
  • UBS(スイス)、インドでの投資銀行業務の人員数を倍増へ(06/06/26)
  • イラン、ウラン濃縮停止は交渉の上でのみ検討(06/06/23)
  • 原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使(06/06/21)
  • イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相(06/06/19)
  • 中国・ロシアと多くの問題で意見一致=イラン大統領(06/06/16)
  • イラン、新たなウラン濃縮を開始=IAEA報告書(06/06/09)