台湾:陳水扁・総統など政界要人、新唐人・新年祝賀祭に祝辞

2007年01月21日 11時10分
 【大紀元日本1月21日】4年目の世界巡回公演がスタートした新唐人テレビ主催「2007年全世界華人新年祝賀祭」台湾公演は、1月20日に台南市立文化センターで開かれた。陳水扁・台湾総統、呂秀蓮・副総統、●龍斌(ハオ・ロンビン)台北市長、陳菊・高雄市長、許添財・台南市長等を含む12の県市長、6人の政界要人は、「2007年全世界華人新年祝賀祭」へ祝辞を送り、祝賀祭の成功を祝福し、東西文化の交流への多大な貢献を賞賛した。(※●は赤+おおざと)

 「全世界華人新年祝賀祭」は、伝統の中華文化および台湾文化、西洋と東洋の芸術を融合したもので、壮大華麗な演出を特色として、台湾文化芸術界に話題を巻き起こしている。特に、今年は世界10カ国29都市での公演が予定され、公演回数および公演する地域の範囲もこれまでにない大スケールであり、それに、新唐人テレビの「アジア太平洋放送局」が台湾で正式に設立され開局したことから、新唐人グループの台湾における影響力が高まると関係者は期待している。

 陳総統は祝辞で「多元的、豊富な演目内容を通じて、全世界の華人に新春芸術を提供することを真摯に祝福し、全世界の華人が万事めでたく順調であり、新年が良い年でありますよう心よりお祈り申し上げる」と述べた。

 呂副総統は、新唐人テレビが長期にわたり人権、自由、民主など普遍的理念の宣揚に対する貢献を称えた。呂副総統は、「特に毎年主催された『全世界華人新年祝賀祭』はバラエティに富み、熱狂的な反響を得て、東西文化の交流と理解の促進において多大な貢献を果たした。新年祝賀祭の成功を心よりお祝い申し上げる」と述べた。

呂秀蓮・台湾副総統の祝辞(大紀元)

 就任間もない●龍斌(ハオ・ロンビン)台北市長は「中華文化は広く深く、新年祝賀祭を通じて中華伝統文化芸術を宣揚し、東西文化の交流を促進することを望む。祝賀祭の成功ならびに全世界の華人に新年をお祝い申し上げたい」と述べた。

 
●龍斌(ハオ・ロンビン)台北市長からの祝辞(大紀元)

高雄市の陳菊市長は、新唐人テレビが中国伝統文化の伝承に尽力した点を高く評価した。台中市の胡志強市長は、「全世界の華人に客観かつ正確な情報を提供し、各地華人の報道を強化し、東西文化の交流に多大な貢献を果たしました」と賞賛した。また、台南市の許添財市長は「新唐人テレビは人類の大同・平等の精神を発揚するものであるから、今後は華人の思惟と価値観を変えて行き、人類の新境地を開拓してゆくである」と述べ、「新唐人は全世界で最も人気があり、歓迎されるべきテレビ局。何故なら、新唐人テレビは最高の品質、関与する人数がもっとも多い団体だからだ。21世紀における人類の新しい価値、地球にとっての新しい未来は新唐人にある」と称えた。

 台湾のその他の政界要人、台中市の黄国榮・文化局長、南投県の陳振盛・文化局長、行政院南部連合サービスセンターの憂宏・執行長、台中市議会の陳天○(チン・ティエンウエン)副議長、経済部加工輸出区管理署の曽参宝署長、高雄市市立歴史博物館の陳秀鳳館長からも祝辞がおくられた。(※○はさんずいに文)

(記者・唐浩/張一靜)

関連キーワード
^