印刷版   

湖北省ズグォイ県帰州鎮、白い磁器製おわんで掬った緑藻いっぱいの香渓川水

三峡ダム地区、緑藻大量発生

 【大紀元日本7月27日】中国三峡ダム地区長江支流の香渓で6月中旬、湖北省興山県平邑口からズグォイ県の長江入江付近まで、長さ25キロメートルにわたる広範囲で、緑藻が大量発生した。沿岸住民数万人は川水の飲用を禁止され、川で捕獲された魚類の食用も禁止された。

 現在、香渓支流の緑藻は発生したり消えたりしているため、湖北省、宜昌市、興山県では三級連合調査チームを設け、国務院三峡弁、中国三峡総公司、中科院水生所など各方面の専門家たちと共同で緑藻の引き上げ処理措置を制定した。同時に、香渓支流内の魚養殖を取り締まり、沿岸の汚染源に対して調査・処理を行う。

 香渓は元々「県前河」といい、湖北省神衣架騾馬店に起源し、上流は興山県城西北皂角樹から、昭君村前を通過し、ズグォイ県帰州鎮渓の入り江で長江と合流し、全長37キロメートル。西漢元帝時代に、中国四大美人の一人、王昭君が匈奴の妻となり宮殿に入る前にここで生活していたと伝えられている。王昭君はここでよくハンカチを洗い、ハンカチの香りが漂ったことから「香渓」の名がついたという。
湖北省ズグォイ県帰州鎮、緑藻で緑に染まった香渓小川


 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/07/27 09:25)  





■関連文章
  • 北京五輪ヨットレース、会場地の緑藻被害が拡大(08/07/14)
  • 青島五輪ヨットレース開催地:止まらぬ緑藻の氾濫(08/07/09)
  • 五輪ヨットレース開催地、緑藻が異常繁殖=中国青島市(08/06/30)
  • 内モンゴル自治区=ダム決壊で下流の1万人以上に被害(08/06/28)
  • ノストラダムス『諸世紀』に見る、四川大地震(08/05/31)
  • 四川大地震:エネルギー産業の被害甚大(08/05/25)
  • 四川大地震:被災地ダム決壊恐れ、防疫も急務(08/05/20)
  • 四川大地震:被災地にさらなる危険、北川上流ダム決壊の恐れ(08/05/19)
  • 国際メディアよ、情報封鎖からミスリードを狙う中共政権に注意せよ(08/05/19)
  • 地震後17ヶ所のダムで水漏れ=重慶市(08/05/14)
  • 四川大地震前の異常現象続出、予知情報を握りつぶした疑惑(08/05/13)
  • ビーフンで36人が食中毒=中国湖北省(08/05/07)
  • 長江実業集団、NZウェリントン地域電力供給ネットワークを買収か(08/05/04)
  • 米「2008年世界報道自由度」:台湾がトップの座、北朝鮮最下位(08/05/01)
  • 連日暴雨、大型山崩れ発生=中国湖北省(08/04/24)