印刷版   

人の背より高い、大きな泡

田んぼに巨大な謎の泡=中国福建省

 【大紀元日本9月1日】8月28日、中国福建省永泰県同安鎮洋中村の田んぼに、人の身長より高いいくつもの泡のかたまりが突然現れた。どんどん膨らむ泡のかたまりは太陽が出てきてからようやく消えた。泡はどこから来たのか、どのようにしてできたのかは謎のままだ。

 「海峡都市報」によると、28日未明4時ごろに、豚舎へ行こうとするこの地区に住む村民・鮑道興さん(58)は村の裏側の田んぼから白いものが出ているのを発見した。鮑さんはその白いものに近寄って見たらば、白い泡のかたまりであることを確認した。動物の形に似たような、幾つかの泡のかたまりはどこから来たのか、またはどのようにしてできたのか、鮑さんは首をかしげた。一方、噂を聞いた遠くにいる村の人たちが現場まで駆けつけて見物したりして、村中に奇怪な泡の噂で賑わった。

 
田んぼから巨大な白い泡

泡のかたまりの高さは2メートル以上で、横幅も2メートルで、繋げると約7~8メートルの横の幅がある。肉眼でみると、これらの泡は普段水の中にある泡とは変わらないし、住民が触れると消えてなくなり、午前8時過ぎに太陽が出てきてから徐々に消えた。

 泡は田んぼの畦の両脇に現れて、田んぼにはレンガでできた吸い上げポンプがあり、横には井戸がある。農家が散在している。

 鮑さんは、周辺の農家はこの井戸の水を使っているとし、泡が田んぼから出てきたのであれば、その出所が必ずあると主張した。しかし、いくら探しても何も見つからなかった。

 現れた泡について、福建省地質調査研究員技術部のエンジニアリング林軍さんは、これら綿飴のような泡の成分は水と空気だとし、その中にゴム質の成分も含まれていると示した。何故なら、泡の表面張力が大きくなければ沢山の泡を凝集させ、4~5時間を持続させることは難しいからだと分析した。
泡の出ところは不明



 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/09/01 08:55)  





■関連文章
  • 地球温暖化:ヒマラヤ山脈水源、脅威に直面(08/08/25)
  • 贅沢な北京五輪、周囲の農村は極度の水不足(08/08/21)
  • 陳水扁・前台湾総統、選挙資金洗浄疑惑で謝罪(08/08/17)
  • 連日の暴雨により81万人に被害=雲南省(08/08/12)
  • 中国6番目の淡水湖、汚染により水草大量繁殖(08/08/09)
  • 五輪開催直前、大気汚染指数が正常値にならず=北京(08/08/07)
  • 重慶市:イナゴ駆除で水源汚染(08/08/04)
  • 広西省チワン族自治区:炭鉱浸水事故発生、行方不明56人(08/07/23)
  • 広東省東莞市の社会経済、水不足で崩壊の恐れ(08/07/23)
  • 新型の節水洗濯機 コップ1杯の水で洗濯可能(08/07/22)
  • 中国:アフリカ・インフラ産業への投資額増大(08/07/15)
  • 上海で初めての用水制限(08/07/14)
  • 農家の井戸水50℃まで上昇=中国江西省(08/06/29)
  • インド水害50人死亡、動物園のワニも行方不明(08/06/22)
  • 中国南部20省で洪水、169人死亡(08/06/18)