印刷版   

RBSロンドン本店前=2009年1月19日(Carl De Souza/AFP/Getty Images)

金融危機の本質を見極めよ

 【大紀元日本1月24日】金融関連産業の第4四半期決算が出ても、経済不況が悪化するするという不安を和らげることにはならなかった。

 米国では、新しい年を迎え、新しい大統領と政府が始まり、ビジネスにおいても新しい時代を迎えるという人もいる。しかし、変化していないこともある。投資家は、資金がない銀行に融資を頼ることしかできない(今や銀行融資という言葉の信頼性も揺らいでいるが)。

 先週、バンク・オブ・アメリカとメリル・リンチの莫大な損失により、連邦政府は米国最大の銀行にさらに200億ドル投資した。今週、欧州銀行界最大手のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)によると、同銀行は英国企業の歴史上最大の損失を報告することになり、英国政府から2回目の緊急援助を受けるという。

 これらの原因は、この1年間話題にしてきた不良債権である。つまり、不動産債権やデリバティブ、LBO(企業買収)債権などが、経済の地雷畑に多く存在するのである。 

 この最悪の事態に、連邦政府は昨年初め、70兆米ドルの不良債権救済プログラム(TARP)を特効薬として打ち出したが、いかにして企業を支えていくかに方向転換したように見える。

 報道によると、オバマ政権はTARPが有する残りの資金35兆米ドルで「不良債権銀行」を作りだし、健全な銀行の不良資産をそこに集めると見られている。いわば、がん細胞の除去手術である。

 この「不良債権銀行」は、不良債権の処理に使われ、不良債権の精算や、満期まで保有し、売却などを行う。。またそうでなければ、消滅させてしまうこともできるが、これらは実態価値からさほど違わないものと考えられている。

 RBSの苦悩

 RBSは、欧州最大手の銀行だが、堅固な金融機関が不良資産により傾く実例としては典型的である。RBSも多くの銀行と同様、サブプライム問題で打撃を受けた。

 それに加え、好況の際、RBSは2007年後半にオランダの銀行、ABNアムロの資産を買い上げた。1月19日、RBSのCEOスティーブン・へスター氏によると、RBSは、購入したABNアムロの資産を償却するという。

 昨年、英国政府はRBS株過半数(58%)を保有したが、政府の資本投入のほとんどがその不良資産に実質上飲み込まれてしまった。これは、不良債権への資金投入が必ずしも実行可能な解決策とはならない一例である。

 ピンポイントの支援

 WL Ross & Co社CEO、ウイルバー・ロス氏は「金融業界の本当の問題は、最大要因に対処する政府がどこにもないことだ、政府関係者は結果のみにとらわれている」と米国ブルームバーグ・テレビに出演した際に述べた。

 金融危機がサブプライム問題に端を発しているのだから、可能性のある解決方法は、住居を所有する者がローンを返済できるようにしてこそ、問題の根源を絞ることができると、同氏は主張する。

 また、「米国人は、住宅資産価値で5兆ドルを失った…それはとても安定した状況とは言えない」とし、TARP資金の一部を住宅所有者の支援に充当すべきであるとした。しかし、サブプライムローンの平均担保は、20万ドル以上であり、現在の緊急支援基金で賄うことはできない。

 中国株を売却

 欧米の銀行は、厳しい資金繰りを強いられているため、中国の銀行株の売却が増加しているという。こうした動きは、欧米の銀行の財政的脆弱性を反映しているかもしれないが、投資家は中国の銀行にも注意を向けるべきだ。中国の銀行は、不安定さを増している中国経済の中で資金を搾り上げているからだ。

 RBSは今週、中国銀行株をすべて売却した。中国共産党政権をほかにすれば、RBSは中国銀行の最大の外部投資者だった。売却益は、24・3億米ドルだった。

 
(NY記者:アントニオ・ペレス、翻訳:藤月)

 (09/01/24 08:42)  





■関連文章
  • 金融危機以降初めて、台湾で「消費券」配布(09/01/20)
  • 人民元安、長期化か(09/01/16)
  • 2009年は集団事件が頻発する年=新華社(09/01/12)
  • 中国=11月輸出高、7年ぶり減少(08/12/21)
  • ムーディーズ:中国企業、倒産の波が拡大 (08/11/23)
  • 中国紡績業、厳冬状況(08/11/22)
  • 金融危機に伴う中国サラリーマンの精神疾患(08/11/21)
  • 中国経済活性化法案、長期発展の時限爆弾=国内経済学者(08/11/21)
  • 温首相の自信と裏腹、崩壊寸前の中国経済(08/11/15)
  • 中国広東省:相次ぐ倒産の波、緊急事態に(08/11/14)
  • 経済学者:中国当局の緊急経済対策、事態の深刻さを助長するだけ(08/11/13)
  • 香港トップ企業、投資活動一時凍結(08/10/29)
  • 日本大手電子部品メーカー、中国で大規模なリストラ(08/10/28)
  • 世界金融危機による中国への影響(08/10/23)
  • 世界金融危機の直撃を免れたカナダ(08/10/19)