印刷版   

地球温暖化は豪州に長期の干ばつをもたらした。写真は首府ブリスベンのダム (Getty Images)

長期干ばつ、地球温暖化の元凶

 【大紀元日本3月30日】近年の異常気象で雨量が急激に減少し、豪州と米国は長期干ばつの悪夢から抜け出せない状況だ。地球温暖化の元凶の一つとして、降雨減少の影響が3分の1以上に達していることが科学者らの研究でわかった。

 ロイターによると豪州メルボルン大学土木環境工程教授であるピーター・バインス氏は過去50年来の地球の降雨と海水表面温度と大気構造の資料について分析し、ここ15年の降雨量が減少し続ける傾向にあり、中でも37%が地球温暖化が原因という事が判明した。

 バインス教授はパースで行われた重大気候変化会議上でこの発見について発表。さらに「もし地球温暖化が続けば、その影響は恐らく37%にとどまらなくなるだろう」と指摘している。

 研究の中で、米国、豪州南部、アフリカ赤道地区及び南米高原地区の4地区の雨量が減少し続けている事を指摘。しかしながら豪州西部とアマゾン盆地の熱帯2地区の雨量はかえって増加し続けているという。エルニーニョ現象が東南アジアと豪州で干ばつを引き起し、チリとペルーでは洪水を起こしている。

 教授は、「これは地球のパターンとなっており、赤道付近の熱帯地区の雨量は増加、亜熱帯地区と中緯度地区の雨量は減少している。この結果はコンピュータが予測したものと類似しているが、数十年来の十世の観測結果に過ぎない」と話している。

 この他、地球温暖化現象は海水表面温度も上昇させている。降雨量減少の要因は地球温暖化以外に気候に重大な影響のある海流も重要な原因として挙げられている。

 
(記者・林安柏、翻訳・坂本)


 (09/03/30 06:43)  





■関連文章
  • 中国核実験、32年間で46回も(09/03/28)
  • 大干ばつが続く中国東北部、暴風雪で積雪50cm(09/02/14)
  • 全面的に悪化する中国経済、成長モデルの維持は困難(09/02/10)
  • 中国で大干ばつ、小麦43%に被害(09/02/07)
  • 深刻な環境汚染、身体に欠陥のある乳児が激増=中国(09/02/03)
  • 基準値の10倍、深刻化する大気汚染=香港(09/01/30)
  • 60年前に回帰、イギリスの鉄道に再び蒸気機関車が走る(09/01/23)
  • 全業界で新規雇用困難=インド(08/12/31)
  • サハロフ賞受賞式、胡佳氏の妻の勇気あるビデオに感動の涙(08/12/23)
  • 深刻な干ばつで73万人が水不足=山西省(08/12/20)
  • 土地収用補償問題、農民千人連日抗議=上海(08/12/20)
  • 中国第2の内陸河・黄河3分の1、使用不可のレベル=最新報告書(08/11/29)
  • 中国経済活性化法案、長期発展の時限爆弾=国内経済学者(08/11/21)
  • 農民環境保護活動家が温家宝総理を告訴、北京市裁判所受理せず(08/11/14)
  • 温暖化、5千年来最悪の気候変動(08/11/09)