浙江省嘉興市:コレラ爆発、百例も

2005/10/08 07:00
 【大紀元日本10月8日】浙江省嘉興市は9月から、疫病コレラが急速に広がり、市の平湖と嘉善両地で合わせて百例以上が報告された。中央社が伝えた。

 コレラは平湖で最初に発見された。現地の疾病管理センターによると、同センターが9月10日に最初の症例が発見されて以来、コレラ患者24人を診査したという。29日だけで、コレラの疑いがある症例は12例あったという。

 分析によると、コレラ発生の原因は、河水のウィルスである。ウィルスが河水、井戸水経由で食品汚染により蔓延したという。

 消毒などの予防と治療の処置で、疫病はすでに制御されたという。

 専門家によると、中国は、1949年以降、コラレはすでに絶滅したとされていた。今回のような大規模の爆発は、稀であるという。

関連記事
注目記事
^