フィリピン:反乱将校脱走、全国警戒態勢

2006/01/21 19:18
 【大紀元日本1月21日】2003年フィリピンで起きた兵士がホテルを占拠した事件に関与した4人の将校が、18日に拘置された所から脱走した。さらに、外部より国軍の異動とみられる不確定情報に加え、フィリピンのアロヨ大統領が就任5周年になる2日前にして、全国の軍隊および警察隊は警戒態勢を取り、フィリピンの安全情勢の緊張が高まっている。

 同逃走事件に関連して、昨年12月14日に、同軍事クーデターに関与した一人の将校は軍事裁判を受ける際に、脱走した事件はまだ記憶が新しい。

 軍当局は、外地駐屯部隊が無断に兵士の異動をしていると疑い、警戒を強化し、陸軍総司令官は、全国各軍区の指揮官に対して、共産党ゲリラおよびイスラム過激派と戦闘中の部隊を含み、それぞれの部隊の状況を把握するよう指示した。

 軍当局がメディアの質問に対して、今のところ各軍区部隊の指揮官および兵士の数は従来通りであるとし、各自の任務を遂行していると示した。

 一方、国家安全顧問ゴンサリス氏はテレビ局のインタビューに対して、国安当局は過去数ヶ月において、フィリピン政府の転覆を謀る企みは数件を察知し把握したと示し、今回の反乱軍将校の脱走は、その中の一つであると警告した。

 情報筋によれば、18日に脱走した4人は拘置された所の内部者の策応により脱走が成功したという。軍当局は、20日に新に2人が脱走した説を否定した。

 ゴンサリス氏は、今回の転覆陰謀は過小評価してはいけないと警告した上、軍隊および警察隊は警備を強化し、民衆は恐れ慌てることはないと示した。

 軍事クーデターのうわさが伝わってから、アロヨ大統領は緊急会議を開いたが、政府側は、今回の会議は行政の常例会議であるとし、軍事クーデターと無関係だと示した。

 首都マニラにあるクイソン市の三軍総本部の軍隊がすでに増加されたとみられ、周りにも検問所を設けたという。また、反体制派武装グループが海から北上することを防ぐため、マニラへ通じる各道路および港などに対して、警察側および海上保安隊による巡回が強化された。

注目記事
^