王記者、告発を制止しようとしたCCTV記者を訴える考え

2006年06月24日 07時11分
 【大紀元日本6月24日】ホワイトハウスで行われた胡錦濤・中共総書記の歓迎式典(4月20日)で、胡総書記とブッシュ大統領に対して、中共当局が法輪功学習者を対象とした臓器狩りの虐殺行為を大声で告発したことで、中共指導者に対する騒乱の罪の訴訟は6月21日、米検察側が王記者の提訴を取り下げたことで決着を見た。王記者は、この残虐な臓器狩りについてメディアをはじめ国際社会にさらなる関心を寄せるよう呼びかけており、この告発の重要性を鑑みれば、歓迎式典での告発の際、王記者の口を塞ごうとした中共中央テレビ(CCTV)の記者の行為は許しがたいとし、訴える考えを示した。

 関係者らは、同件の訴訟が国際社会で長引くことで、法輪功学習者を対象にした臓器狩りがさらに国際社会および中国国内で暴露されることを中共は恐れていることから、米政府に対して圧力をかけ、同件が3度も審議延期されたのだと分析している。

 王記者は、「自分の行動が重要ではなく、同迫害の背景および迫害の残虐さは国際社会の関心が必要である」と述べ、中国の経済発展だけでは、中共の道徳を高めることも、中共の邪悪な本性を変えることもできないと指摘した。

 王記者は、これまでAP通信社、CNN、ワシントン・ポスト、新唐人、Voice of America放送局、ラジオ自由アジア放送局を含む100近くのメディアの取材を受け、すでに各国政府および関係組織の強い関心が寄せられていることに言及し、ワシントン地区から十数人の法輪功学習者も法廷まで駆けつけ、王記者を応援し、国際社会へ中国で起きている法輪功学習者を対象とした残虐な臓器狩りに関心をよせるよう呼び掛けた。

 また、王記者は胡総書記とブッシュ大統領へ呼び掛けた当時、王氏の口を手で塞ごうとした隣にいた中共中央テレビ局(CCTV)の記者を訴える考えを示した。王記者は、中共当局が現在、法輪功学習者に対して絶滅的な迫害政策を中止させ、特に、法輪功学習者を対象とした臓器狩りの犯罪にかかわっている、この呼びかけに、CCTVの記者が王記者の口を塞ごうとする行動は許しがたいであると強調した。


 

関連キーワード

関連特集

^