印刷版   

7月28日、自民党東京都連は、「東京政経フォーラム」を開き、9月の総裁選に向けポスト小泉候補が初めて顔を合わせた。写真は、握手する谷垣財務相(左)と安倍官房長官(2006年 ロイター/Toru Hanai)

ポスト小泉が初顔合わせ、低調な論戦も外交問題で違い

  自民党東京都連は28日夕、都内で「東京政経フォーラム」(東京ブロック大会)を開き、9月の総裁選に向け安倍官房長官らポスト小泉候補が初めて顔を合わせた。このうち、安倍氏と出馬表明したばかりの谷垣財務相との間で、外交問題についてわずかに意見の違いが見られた。

 東京ブロック大会のパネルディスカッションには安倍、谷垣両氏が出席したほか、海外出張中の麻生外相がビデオ参加した。また東京代表として与謝野経済財政・金融担当相も議論に加わった。東京地区の自民党員5300人に、それぞれの考え方を訴えた。

 石原伸晃都連会長をコーディネーターとして、「大志交流、ニューリーダーその先の日本を語る」をテーマに、外交のほか教育、社会、都市と地方といった分野について議論した。ただ、反論という形では展開されず、政策論戦としては低調だった。

 討論会では、安倍氏が日米関係について「他で代替できない関係だ」とし「条約があるから必ずそうやる(日本を守る)ということではない」、「日米関係を重要視し、信頼関係を作っていく」とし、引き続き日米関係を軸とした外交政策の重要性を強調した。

 アジア外交に関しては「日中の経済関係から利益を得ていることをしっかり確認する必要がある。政治目的を達成するために、経済に嫌がらせをしないことは大切なことだと思う」とし、「靖国神社に参拝するからといって、首脳会談をしないということでいいのか」と小泉首相の立場を擁護した。

 一方、谷垣氏は、日米、日欧関係は大事だとしながらも、「アジアとの経済関係をどうするかということが非常に重要だ」とした。また、東アジア諸国との貿易が増大していることを挙げたうえで、金融危機が再び起きないようにする仕組みを作ることが大事だと指摘した。

 谷垣氏は27日の出馬表明会見で 中韓などと相互の理解、信頼を深めることで「アジア共通の利益を拡大する必要性を考えることが重要だ」とし、首脳同士の会談が開かれていないことを「異常な関係だ」と小泉外交を暗に批判、その原因とされる靖国問題に関連し「参拝は控える」と明言した。この日の討論会では「最後は首脳外交が行われるようになることが重要だ」とトーンダウンしたが、引き続き首脳外交の重要性を強調した。

 自民党はこの後、全国9カ所でブロック大会を開催する。


[ロイター28日=東京]

 (06/07/29 14:46)  





■関連文章
  • 谷垣財務相が総裁選出馬を正式表明、小泉後継争いスタート(06/07/27)
  • 自民総裁選に出馬表明する谷垣財務相、安定感がある=小泉首相(06/07/27)
  • 道路特定財源の一般財源化、2007年度予算編成で対応=安倍官房長官(06/06/28)
  • 北朝鮮ミサイル発射なら日米で厳しく対応=官房長官(06/06/19)
  • 消費税上げの具体化、08年度改正以降になる見通し(06/06/17)
  • 李下に冠を正さずとの言葉あり=村上F問題で谷垣財務相(06/06/15)
  • 胡錦涛・国家主席、訪日ついて言及(06/06/13)
  • G8前に日米財務相会談で為替安定を議論(06/06/10)
  • 次期首相選挙、対中国関係が争点になるか(06/06/08)
  • 次期総裁の最大の使命は経済・財政一体改革=自民政調会長(06/06/07)
  • ロイター個人投資家調査:ポスト小泉に安倍氏33%・福田氏29%(06/06/06)
  • 日中外相会談、率直な意見交換は有意義=官房長官(06/05/24)
  • 日本経団連の御手洗新会長、しっかり指導力を発揮すると期待=官房長官(06/05/24)
  • 韓国拉致被害者の家族、28日来日、安倍官房長官を表敬訪問(06/05/24)
  • 上海領事館員自殺:政府、中国に抗議(05/12/29)