印刷版   

米連邦航空保安官、スーツ脱ぎ捨て軽装へ

 航空機に搭乗し、ハイジャックやテロなどの攻撃を防ぐ米連邦航空保安官が、乗客の中に溶け込みやすいよう、より自由な服装ができるようになった。

 これまでスーツ着用を義務付けられていた航空保安官だが、とりわけリゾート地に向かう航空便や格安航空便に乗り込む際に、その他の軽装の乗客から目立ちやすいことが問題となっていた。これを受けて米連邦航空保安局は24日、服装規定を含む複数の規則を緩和すると発表した。

 2001年9月11日の同時多発テロ発生当時、航空保安官は33人だった。現在は、乗客に扮した航空保安官が毎週、米航空会社のフライト数千便に搭乗している。

 航空保安官の具体的な人数は公表されていないが、当局者によると数千人規模だという。


[ロイター24日=ワシントン]

 (06/08/25 15:30)  





■関連文章
  • オランダ警察が乗客12人を逮捕、インド行きの米機引き返しで(06/08/24)
  • 米ノースウエスト機、乗客の不審な行動で空港に引き返す(06/08/24)
  • オーストラリア政府、パキスタンでテロ攻撃の可能性があると警告(06/08/22)
  • 英国がテロ警戒レベルを引き下げ、機内手荷物持ち込み制限を緩和(06/08/15)
  • 全米映画興行収入=「Talladega Nights」が2週連続トップ(06/08/14)
  • 伊警察、航空機爆破計画発覚後の警戒強化で40人拘束=内務省(06/08/12)
  • 元内閣官房参与・中山恭子氏「国際テロに遭った日本人被害者を救出するのは、日本政府の使(06/08/12)
  • 米政府が警戒水準引き上げ、航空機爆破計画は直接的な脅威(06/08/11)
  • 英警察、航空機爆破計画に関連して英国で24人の身柄を拘束(06/08/11)
  • 航空機爆破計画、米航空3社が標的=政府関係者(06/08/11)
  • イラクは対テロ戦争の中心地=マリキ首相(06/07/27)
  • イスラエル海軍、レバノン領海を封鎖(06/07/13)
  • インドのムンバイで大規模爆発、600人以上が死傷(06/07/12)
  • インド・ムンバイの鉄道7カ所で爆弾が爆発、少なくとも135人死亡(06/07/12)
  • 外交官殺害の犯人逮捕に高額の懸賞金=ロシア政府(06/07/03)