印刷版   

7月鉱工業生産速報は前月比‐0.9%、2カ月ぶり低下

 経済産業省が発表した7月の鉱工業生産指数速報(2000年=100、季節調整済み)は104.9だった。前月比マイナス0.9%となり、2カ月ぶりの低下となった。ロイターの事前予測調査では、前月比0.7%増加が予想されており、発表の数字はこれを下回った。

 7月の鉱工業出荷は前月比0.6%減、在庫は1.0%減だった。

 製造工業生産予測指数は、8月が前月比4.2%増、9月が1.4%減の見通しとなった。

 経済産業省は生産の基調判断を「上昇傾向にある」に据え置いた。

(ロイター31日=東京)

 (06/08/31 09:38)  





■関連文章
  • 中国の日本総領事前で数百人が抗議、タクシー運転手殴打めぐり(06/08/24)
  • 7月貿易黒字は前年比‐0.2%、事前予想を下回る(06/08/23)
  • 【ことばの豆知識】人気(06/08/19)
  • 7月米コアCPIは前月比+0.2%と予想下回る(06/08/17)
  • 中共の対日戦略、自国民を欺く「靖国問題」(06/08/14)
  • 死体はどこから入手?謎深まる人体標本展=NYT紙(06/08/11)
  • 4―6月期実質GDPは前期比+0.2%、年率+0.8%=内閣府(06/08/11)
  • サッカー=日本がトリニダードに快勝、オシム・ジャパン好発進(06/08/10)
  • 中国人、十万人が日本に帰化(06/08/06)
  • 日本製紙が王子紙のTOB阻止目指す、北越株を10%未満取(06/08/04)
  • 【ことばの豆知識】湯(06/08/01)
  • 郵貯銀・郵便保険、遅くとも民営化後4年目の上場目指す=郵政民営化実施計(06/07/31)
  • 6月鉱工業生産速報は前月比+1.9%=経済産業省(06/07/31)
  • 増資は既存株主に短期的に負担だが、長期的にメリットに=日航社長(06/07/29)
  • デフレ脱却と言わないまでも、脱却の兆し出てきた=小泉首相(06/07/29)