印刷版   

米上院有力議員、対中制裁法案で28日にも何らかの発表へ

 米上院関係者は、有力上院議員らが対中制裁関税法案について、28日にも何らかの発表を行う可能性があると述べた。 

 同法案の共同立案者であるシューマー議員(民主、ニューヨーク州)とグラム議員(共和、サウスカロライナ州)は27日遅く、同法案の対案を提出した上院財政委員会のグラスリー委員長(共和、アイオワ州)とボーカス議員(民主、モンタナ州)と会談を行った。

 同上院関係者によると、スタッフらが現在、早ければ28日に行われる可能性がある発表内容について、詳細を詰める作業を行っている。

 「グラム・シュマー法案」は、中国が向こう6カ月以内に人民元を大幅に切り上げない場合、同国からの輸入品に27.5%の高関税をかけることを求めており、これにはブッシュ政権や米経済界の大方が反対している。

 一方の「グラスリー・ボーカス法案」は、中国を直接のターゲットとはしておらず、自国通貨を公正に評価していない国への圧力強化が目的。対中制裁関税法案はこれまで、何回も採決が先送りされてきた。

[ワシントン 27日 ロイター]

 (06/09/28 14:36)  





■関連文章
  • 対中制裁法案の上院採決時期は未定=シューマー、グラム両議員(06/09/27)
  • 対中制裁法案推進派の米上院議員、財務長官と26日に協議(06/09/26)
  • ブッシュ政権は北朝鮮との直接協議検討を=米上院外交委員長(06/06/26)
  • 在韓米軍司令官ベル大将:「北朝鮮のミサイル技術が躍進」(06/03/14)
  • ロシュ社、米国15社のタミフル製造に同意(05/12/10)