印刷版   


芸術の都パリ、巨大な力士のオブジェが登場

 芸術の都パリに、まわしを絞めた力士2人がコンテナを支えているという巨大なオブジェが登場した。作品を制作したのはスコットランド人アーティストのデビッド・マッハさん。

 この力士オブジェは、10月26─30日の日程で開催される「第33回国際コンテンポラリーアートフェア」の一環としてチュルリー公園に設置されている。

 [パリ 24日 ロイター]

 (06/10/26 09:49)  





■関連文章
  • パリス・ヒルトン、飲酒運転で逮捕(06/09/08)
  • パリ当局、ホームレスのテント撤去を計画(06/07/21)
  • 「国境なき記者団」年度報告:中共はアジア民主体制最大の障害(06/05/06)
  • 写真報道:「全世界華人新年芸術祭」パリ最終公演、喝采の中で閉幕(06/02/28)
  • 生彩を欠くシラク大統領(05/12/02)
  • フランス暴動11日目、初めての死亡ケース発生(05/11/08)
  • パリ郊外で暴動拡大、放火事件多発(05/11/03)
  • パリ:欧米各国民衆、中国共産党300万人脱党を応援(05/07/14)
  • 【特別インタビュー】元・中国の新聞記者、呉葆璋さんが語る海外に於ける中共統一戦線の内(05/06/10)