印刷版   

法人税下げは来年度以降の議論=自民政調会長

 自民党の中川昭一政調会長は10日、NHKの番組の中で、足元の景気が足踏み状態にあるといわれている要因について個人への所得移転が進んでいない点をあげるとともに、07年度税制改正での法人税の実効税率の引き下げに否定的な見解を示した。

 中川政調会長は、2007年度の税制改正議論について「企業減税は、減価償却制度の見直しなどいくつかやらなければいけないものがある」としながらも、法人税の実効税率引き下げに関しては「今、税調で議論しているが、今年は法人税の減税はやるべきではないと思う」と来年度以降に議論すべきとの考えを示した。

 その背景として「景気がパッとしない最大の理由は、個人に所得が移転していない、労働分配率が下がっているということがあり、個人の収入が少ないとの認識持っている」とし「法人税減税よりも、労働分配率や配当性向を上げていく。企業にやってもらいとの気持ちもある」と述べた。

 8日に閣議決定した道路特定財源の見直しで揮発油税の取り扱いが明文化されなかったことに対して中川政調会長は「法改正の議論としては財源特例法もしくは揮発油税しかない。この法改正をきちっとやる」とし、揮発油税を含めた一般財源化を明言した。

 また、6カ国協議再開に関して「北朝鮮が安易にテーブルに戻って話をするだけでは、日本として乗るわけにはいかない。(核実験表明など)状況が変わっていることの説明や、責任をとらない限り、安易に開かれるべきではない」とし、16日の再開についても「やればいいという問題ではない」と語り、北朝鮮の姿勢次第との認識を示した。

[東京 10日 ロイター]

 (06/12/11 08:14)  





■関連文章
  • 法人税の実効税率、欧州並みの低下目指した議論も=中川自民幹事長(06/10/30)
  • 郵政造反議員との協力、幹事長に検討を指示=安倍首相(06/10/24)
  • 衆院補選で自民2勝、安倍首相の政権運営に追い風(06/10/23)
  • 経団連、三角合併の要件厳格化や研究開発減税を自民党に要望(06/10/13)
  • 自民党幹事長に中川秀直氏、政調会長に中川昭一氏(06/09/25)
  • 安倍氏を新総裁に選出、464票獲得し圧勝=自民総裁選(06/09/20)
  • 自民総裁選、自分の1票は安倍氏に入れる=小泉首相(06/09/10)
  • 自民総裁選で街頭第一声、安倍氏ら3候補が支持訴える(06/09/10)
  • 自民党総裁選告示で3氏が届出、本命・安倍氏の政策の中身が焦点(06/09/08)
  • 自民合同会議が貸金業法改正を議論(06/09/07)
  • 「安倍新政権」で柳沢氏重用の思惑、与謝野氏の後任との声も(06/09/01)
  • 自民党内の派閥、一致結束とはならない=総裁選で安倍官房長官(06/07/26)
  • 胡錦涛・国家主席、訪日ついて言及(06/06/13)
  • インタビュー:消費税上げざるを得ず=自民参院幹事長(06/06/12)
  • 次期首相選挙、対中国関係が争点になるか(06/06/08)