印刷版   

買春客にも刑罰を=バチカン

 【大紀元日本6月23日】ロイターの報道によると、バチカン(ローマ教皇庁)は19日、世界各国に対して「現代の奴隷制度」である売春婦を抑制し、女性を保護して買春客を罰するための法案可決を促す文書を発表した。

 文書によると、女性に対する搾取は、人身売買や買春ツアーなどから由来しており、この問題は包括的に取り組まなければならないとしている。同文書は更に、「売春の犠牲者は人間であり、多くの場合、彼女たちは奴隷状態から逃げようと助けを求めている」「買春する人たちも、根深い問題を抱えた人間であり、ある意味で彼らも奴隷であると言える」としている。

 バチカンのモンサイナー・アゴスティーノ・マーチェット氏は、「女性を守るだけでなく、客に対する刑罰」と、収入にあわせた罰金を科すスウェーデン式の法律を制定するとした教会の意向を示した。

 文書にはまた、買春する男性に対して、「彼らが犯す罪と不正義に対する教会の強い非難」を認識すべきだと書かれている。

 イタリアを含む多くの国々では、買春客に対する罰則がない。イタリアで罰せられるのは売春婦を食い物にする「斡旋業者」だけであり、売春そのものに対しては大目に見られている。しかし、同国における売春婦の数は年々増えており、その多くはナイジェリアなど旧ソ連に属していた地域からで、人身売買の被害者も少なくないという。

 文書によると、バチカン教会は、売春から女性を守るための法案を可決すると共に、女性を辱めるような肖像を使った宣伝に対する対策も講じたいとしている。

 (07/06/23 08:15)  





■関連文章
  • 中国国家質検総局、香港で中国製歯磨き粉の販売再開を要求(07/06/17)
  • 山西の炭鉱工場、誘拐された子供が奴隷に、父親らの救出劇(07/06/16)
  • 中国:テレビに「共産党殺人党」、当局が報道禁止(07/05/06)
  • バチカン市国ラジオ放送:法輪功学習者を狙った中国の臓器狩りを報道(07/04/02)
  • 【写真報道】世界で面積最小の5つの国(07/03/29)
  • S・スタローン、輸入禁止品の持ち込みで豪税関が提訴(07/03/14)
  • 中国東北部の難題:脱北女性と中国人男性との間にできた子供はどうなるのか?(07/02/23)
  • バチカン:中国の宗教の自由を前提に、北京へ関係正常化求める(07/01/28)
  • 北京公安が大捕り物、ネット売春組織151人を一斉摘発(07/01/24)
  • 中国:毎年15万人の児童、ストリート・チルドレンに(07/01/12)
  • 北朝鮮難民救援基金ら、「映像とシンポジウムで語る北朝鮮」(06/12/21)
  • 英国の売春婦連続殺害事件、37歳の男を逮捕(06/12/19)
  • バチカン:中共との国交修復を試み、台湾との外交は継続(06/12/07)
  • バチカン、中共の再度主教任命に抗議、就任祝典中止を要求(06/11/30)
  • 日本政府が北朝鮮向けぜいたく品輸出禁止措置で、牛肉など24品目を決定(06/11/14)