米メディア注目、中国伝統文化の再発見=「神韻」芸術公演

2007年12月18日 18時28分
 【大紀元日本12月18日】中国文化とはなにか。雑技を思い浮かべる人もいるし、摩訶不思議な仙人話を思い出す人もいる。政治目的に利用される落とし穴と思う人もいるし、女権主義の代名詞と思う人もいる。しかし、クリスマス期間、ニューヨークで上演する「神韻芸術ホリデー・ワンダーズ」公演は、現地メディアに中国文化を見直すきっかけとなった。

 ブロードウエイのビーコン劇場で現地時間12月18日から幕開けする「神韻芸術ホリデー・ワンダーズ」公演は、現地多くのメディアの注目を集めている。12月初めから、テレビ局、新聞紙、雑誌、ラジオ局など50以上のメディアが連日、中国伝統文化の精神を演じるこの公演について報道を行い、クリスマスのニューヨークは、一時的に東洋の雰囲気に囲まれている。

 
NYの女性ファッション誌「ムーブズ」で取り上げられた神韻芸術団2006年の演目の一つ「木蘭従軍」

ニューヨークの女性ファッション誌「ムーブズ」が、神韻芸術団2006年の演目の一つ「木蘭従軍」を取り上げ、西洋人が理解している木蘭のストーリーと違う、表現されたメッセージを紹介した。同誌によると、デスニー映画でお馴染みの中国古代の女性「木蘭」は、女権時代の人々に、自己実現中心的なフェミニストの代表となっているが、神韻芸術団の演出は、中国伝統バージョンの木蘭を演じ、西洋人の観客に違うメッセージを伝えた。木蘭は、自己中心のフェミニストではなく、国への忠と親への孝を大事にする利他主義者である伝統的な女性として描かれている。

 中国舞踊の手法を用いて表現する神韻芸術団には、西洋人ダンサーもいる。ニューヨーク出身のブリジット・アールさんは、バレーとモダンダンスを専業としたダンサーだった。アールさんは、地元紙「リバーデール・プレス」13日付の芸術・娯楽版の一面を飾った記事で、神韻芸術団に参加する心得を次のように語った。

 
「ホリデー・ワンダーズ」を次週上演される演目のトップとして紹介するNY地元紙「ニューズ・デー」

「中国舞踊を踊り始めたころ、今まで自分が習った技法をすべて捨てて、伝統舞踊の原点に戻らないといけなかった。皮肉的にも、伝統の中国舞踊を始めた後、私は、以前の舞踊では、本当の自分を表現していないと気づき始めた。」

 「現在のほとんどの芸術は、観客に感情的になることを重視しているが、この公演は、「ホリデー・ワンダーズ」の名称通り、和みのある喜びと光に満ちた美しさを人々に感じさせる。本当の中国舞踊を鑑賞できる稀なチャンス」とアールさんは語る。

 ニューヨーク地元紙「ニューズ・デー」は16日、「ホリデー・ワンダーズ」を次週上演される演目のトップとして紹介。ダンサーであるドリス・チャンさんとダンス指導する母親のピチュアン・チャンさんは、同誌の取材に、「演目は、本当の中国の民間舞踊と神仏との繋がりを表現しており、中国本土の観客さえ見るチャンスが無かったもの」と紹介した。

 公演を主催する新唐人テレビ局(NTDTV)の女性スポークマン、ジェニー・ファンさんは同紙の取材で、モラル,善、忠、智、信を表現するテーマが多い中国伝統舞踊は近年、中国大陸ではほとんど見られなくなり、現在の中国大陸の芸術は、商業的な雰囲気に主導されていると語った。

 NY地元紙「タイム・レッジャー」は12月6日の報道で、
NY地元紙「マディソン・イーグル」も神韻芸術公演をエンターテイメント欄トップで取り上げた。

ダンサーのアリーナ・ワンさんを紹介した。アリーナさんの母親によると、神韻芸術団に入った後、芸術団がテーマとして取り上げる誠実、孝、善などの中国伝統美徳に影響を受け、アリーナさんは大きく成長したと言う。

 米劇場雑誌「アメリカン・シアター・マガジン」は12月号で、「ホリデー・ワンダーズ」を紹介。中国古代の伝説と物語を通して唐時代の文化繁栄を再現させた。この数年間、神韻芸術公演は多くの在米中国人の尊敬を得たという。

 同誌は、神韻芸術団楽団のコンダクター、ルータン・チェンさんの話を引用し、「芸術家として、中国伝統文化の真髄を伝え、人々の心を打つ精神性の高い作品を創作することに責任を感じている」と紹介した。

 神韻芸術公演は、12月18日から30日までの米国7都市のクリスマス公演を終えると、新年公演として来年1月5日から2月9日まで、米国、カナダの北米各都市を巡回、2月12日、東京の公演を皮切りに、神韻芸術祭として北米以外の世界3大陸約50都市を巡回公演する。

 日本公演は、2月12日から15日まで東京公演、同月17日が名古屋公演、19日・20日が大阪公演と合わせて9公演行われる。詳細は、日本公演情報サイト(http://www.ntdtv.jp/gala/video.html)で。

(報道・肖シンリ)
関連キーワード

関連特集

^