印刷版   

深センの紡績工場(AFP)

中国広東省:香港企業2万社が閉鎖の可能性

 【大紀元日本7月2日】香港中小型企業聨合会によると、原油価格及び賃金の上昇による経営コストの増加のため、中国広東省では、香港企業の工場2万社が今年閉鎖となる可能性があるという。

 同聨合会主席・劉達邦は次のように語る、「広東省に設置された7万の香港企業の工場のうち、今年末に残るのはわずか5万社となる可能性がある。最近、香港企業は、新労働契約法への対応による賃金コストの増加、人民元の切り上げ等の問題への対応に忙しい。また、原油価格の上昇は更なる頭痛の種となっている」。

 国際原油価格が過去最高値を記録する中にあって、中国は先月、ガソリンの価格は18%、ディーゼルオイルの価格も、17%引き上げ、7ヶ月来で2度目の値上げとなった。中国政府はまた、今年1月に新労働契約法を制定し、最低賃金、離職金に係る厳格な規定を定めた。また、人民元は今年第一四半期において4%上昇し、海外市場の中国製品に対する需要に影響を及ぼしている。

 リーマンブラザーズの在香港エコノミストである孫明春によると、中国の輸出競争力は急速に低下しており、商品・サービスの海外における販売量の伸びは既に一桁台となっている。

 香港産業聯盟副会長の劉氏によると、中国南方各省において香港が投資した工場のうち、約1万が閉鎖または独資転換の必要性に直面している。

 香港商業部の資料によると、香港企業は、1978年から2006年の間に、総額で2800億ドルを中国に投資した。この数字は、同期間における海外からの中国への直接投資の39%以上を占めている。

 ニューヨークタイムズの報道によると、キャノンは、今後中国では工場の新設・拡張を行わないことにしている。ベトナム・ハノイにある工場で職員の拡充を行っており、拡充後の人数は8000名に達する。ハノイ附近にある日産自動車も、現在拡充を行っている。このほか、ノースカロライナ州のウィンストンセーラムに本社を置くヘインズブランズもまた、ハノイで2つの新工場を建設した。

 中国企業も例外ではない。コットン、スパンデクスの製造を行う天虹紡績集団有限公司もまた、ベトナムの2社の工場で、スパンデクスの製造を行う予定である。当社の財務部長・許氏は「当社は中国における生産能力を維持するが、生産の自動化を通じて職員の数を減少させていく予定である」と語った。

 中国国内の工場の労働コストを引き下げるため、ヘインズ社は現在、南京に自動化生産を主とする工場を建設している。他方、中国国外では最近ベトナムに下着の縫製工場を建設したほか、ベトナムで1社の工場を、タイでは2社の工場を買収した。

 中国の工場にやってくるのは農村の若年者で、多くは生産ラインの業務に従事する。最近1年来、生産ラインでの職員の賃金の伸び率が10%を上回っており、技能のある者、機械のメンテナンス・修理技術のある者に係る賃金の伸びはこれを更に上回っているという。

 こうした状況の下、西方の投資家の一部は、ベトナムが次の中国であると考えている。また、賃金が更に低く、服装業者を引き付けているカンボジアは、次のベトナムと称されている。

(翻訳・飛燕)


 (08/07/02 08:41)  





■関連文章
  • 土砂崩れで6人死亡=中国広東省(08/07/01)
  • 国外亡命の中国当局幹部、ニュージーランドに保護される (08/06/28)
  • 豪州五輪陸上選手ら、大気汚染で開会式不参加表明(08/06/18)
  • 香港:鳥インフルエンザ感染拡大、97年以降最大の危機(08/06/16)
  • 中央に陳情する香港実業家、強制連行される(08/06/14)
  • 暴雨後の香港各地の様子(08/06/12)
  • 鳥インフルエンザ感染確認、香港・中国家禽輸出入禁止=香港(08/06/09)
  • 暴雨で500ヶ所以上が浸水、2人死亡=香港(08/06/09)
  • ランタオ島、大雨により水電中断=香港(08/06/09)
  • 地震の予兆か、大量のカニが木に登る=広東省(08/06/07)
  • カトリック香港司教「中国の極端な愛国主義は危険」(08/06/07)
  • 中国南部で暴雨続き、広東省3大河川に警戒線(08/06/04)
  • 五輪トーチリレー:香港民間団体、警察の対応を非難(08/05/10)
  • 中国各地で手足口病拡大、死者26人(08/05/07)
  • 五輪トーチリレー数百人の「赤シャツ」、平和デモ女子学生を包囲=香港(08/05/04)