印刷版   

【ことばの豆知識】「可憐な少女」はかわいそう?

 【大紀元日本8月24日】唐・白居易の『賣炭翁』に次のような二句があります。

 可憐身上衣正単(憐れむ可し 身上の衣 正に単なり)
 心憂炭賤願天寒(心に炭の賤[やす]きを憂い 天の寒きを願う)

 自分で炭を焼き、牛車に積んで売りに行く。途中で宮中の遣いの者にただ同然で買い取られていく。そんな苦しい翁の生活を詠った詩です。寒い冬にも一重の衣しか身に着けることができず、その姿は正に「憐れむ可し」です。

 中国語の『可憐』は、一部に「愛らしい」「喜ばしい」という意味を持ちましたが、その基本義は古くから「憐れむ可し」であり、今も変わりません。

 ところが、日本語の「可憐」は、「かれん」と読む限りにおいて、現代語では「愛らしい」という意味であり、「憐れむ可し」という意味は持ちません。もちろん、「愛らしい」義は、憐れむべきものは往々にして「いじらしく愛らしい」ことが多いということの派生によるものでしょうが。

 樋口一葉の作品に次のような一節があります。

 ・だけれどあの子も華魁(おいらん)に成るのでは可憐(かわい)さうだと下を向ひて正太の答ふるに、(たけくらべ)

 ・私はもう今宵かぎりどうしても帰る事は致しませぬとて、断つても断てぬ子の可憐(かわゆ)さに、奇麗に言へども詞はふるへぬ。(十三夜)

 「可憐」という語に「憐れむ可し」義と「愛らしい」義を認めていることが見て取れますが、ただ、ここでは「かれん」と読ませているわけではなく、あくまでも当て字です。それに、「可憐」に「憐れむ可し」義を認めたのは、樋口一葉が漢文の素養があったことによるものと考えられます。

 このような日中語の違いを考えたとき、「可憐な少女」が中国人にとっては「かわいそうな少女」に変身することは十分考えられます。

(智)

 (08/08/24 00:00)  





■関連文章
  • 【中国しゃれことばの世界】(13)「八仙人が海を渡る」(08/08/16)
  • 【中国しゃれことばの世界】(12)「ウサギのしっぽ」(08/08/09)
  • 【中国しゃれことばの世界】(11)「ガマが白鳥の肉を食べたがる」(08/08/05)
  • 漢字の神秘(3):真(08/07/27)
  • 【中国しゃれことばの世界】(10)「犬が鼠を捕る」(08/07/26)
  • 【中国しゃれことばの世界】(9)「小ネギで豆腐をあえる」(08/07/17)
  • 国境なき記者団:ユーテルサット社を非難、新唐人アジア放送再開を呼びかける(08/07/17)
  • 【中国しゃれことばの世界】(8)「肉まんを犬に投げつける」(08/07/10)
  • 【中国しゃれことばの世界】(7)「年頃の娘がかごに乗る」(08/07/07)
  • 【中国しゃれことばの世界】(6)「和尚が傘をさす」(08/06/29)
  • 【聴いチャイ語】(3)「人権聖火リレー:共産主義ガン細胞の氾濫を阻止せよ!」(08/06/27)
  • 【中国しゃれことばの世界】(5)「ズボンを脱いで屁をひる」(08/06/24)
  • 【中国しゃれことばの世界】(4)「口のきけない人がギョーザを食べる」(08/06/16)
  • 【中国しゃれことばの世界】(3)「口のきけない人が黄連を食べる」(08/06/11)
  • 【聴いチャイ語】(2)「ヒラリー・クリントン氏、オバマ氏支持を表明」(08/06/09)