印刷版   

両会の会場に入る人民代表たち=2009年3月13日(Getty Image)

中国両会、延べ500人強の代表欠席

 【大紀元日本3月14日】3月11日に閉幕した、中国当局の全国人民代表中央会議「政治協商会議」(略称・両会)には、人民代表の欠席が異例に多いことがあきらかとなった。欠席の理由には、「政権を讃える賛美歌に同調するばかりの、形だけの議案審議に嫌気が差したのでは」などの説が流れている。

 中国国内紙「南方都市報」の3月11日の報道は、当局の公表情報として、今回の両会で欠席した全国人民代表の数は延べ553人に上り、出席該当者数の13%弱を占めた。そのうち、延べ187人は無断欠席、などと報じた。

 当局が公表した簡易報告書によれば、香港特別行政区の人民代表の欠席率が最も高く、126人の代表のうち、59人が欠席したという。それに続いて、経済界、芸能界の代表の欠席も目立つ。その中、全国人民代表で、オリンピックのハードル競走の金メダル選手・劉翔氏が2年連続して欠席したことが大きな関心を呼んでいる。

 全国人民代表で、広州市呼吸疾病研究所の所長・鐘南山氏は両会期間中のグループ討論会で、「人民代表に権利を行使させ、十分に本音を語らせるためには、中央政府の改善はまだまだ必要である」と発言、代表から拍手を誘ったことが伝えられている。

 南方都市報によると、最も代表歴が長い人民代表・申紀蘭氏は公に、過去55年間の中央会議で、一度も反対票を投じたことがないと発言、中国共産党への擁護を強くアピールしたという。「中国海洋報」の元記者・昝愛宗氏は、「わが国の人民代表はまったく人民を代表していない、政府と党を代表しているのだ。…民主国家の議会と議員と違って、本物の国民選挙により選ばれたわけではない」と述べ、人民代表は全国の国民による投票選挙で選ぶこととなれば、初めて真の人民代表となり、政府を監督できると指摘した。

 
(翻訳編集・叶子)


 (09/03/14 11:12)  





■関連文章
  • 両会開催中、千人の直訴者が当局と衝突=北京(09/03/09)
  • 世界金融危機で、香港百万長者16%減(09/02/22)
  • ロシア軍艦が中国貨物船を撃沈、8人行方不明(09/02/20)
  • 鳥インフル第2段階の感染期に突入=香港(09/02/18)
  • 衆議院議員・松原仁氏、神韻公演に深く感銘(09/02/13)
  • 前衆議院議員「迫害に負けない姿に心打たれた」(09/02/12)
  • 基準値の10倍、深刻化する大気汚染=香港(09/01/30)
  • 米政界で頭角を現すアジア系後裔(09/01/28)
  • ベテラン議員「中国古来の文化をもたらした神韻」(09/01/17)
  • 壮絶、中国の帰省ラッシュ=香港メディア(09/01/14)
  • 塵に包まれる東洋の真珠・香港、上昇する大気汚染指数(09/01/08)
  • 中共系メディアの末路、香港「明報」ニューヨーク版が廃刊(09/01/04)
  • 香港元旦:中国共産党脱党支援パレード、脱党者数4800 万人へ(09/01/03)
  • 香港・中国冤罪同盟:上海当局、参加者らを拘留(09/01/02)
  • 中国社会の暗部を報道、記者の逮捕続発(08/12/24)