印刷版   

警報機の上に作られた巣。サービスエリアに緊急事態が起こらないことを願うばかり(写真・大紀元)

巣立ちの時、サービスエリアのツバメの子供達

 【大紀元日本6月2日】先月30日、神奈川県東名高速道路の海老名サービスエリアにて、今にも巣から落っこちそうになりながら餌をねだるツバメのひな達。体も大きく、旅立ちの時が近づいている。巣はサービスエリアのトイレ近くの警報機上に作られており、トイレ利用客が近づくたびに、親ドリたちが付近を警戒しながら飛び回っていた。

 
(記者・西村)

 (09/06/02 23:30)  





■関連文章
  • 日本李登輝友の会、神奈川支部設立(06/02/22)