印刷版   

「六四天安門事件」記事で記者が解雇、報道の自由が揺らぐ=香港

 【大紀元日本8月4日】今年6月、ファッション・ライフスタイルなどを紹介する香港の男性雑誌「君子雑誌(エスクワイヤー)」の記者が、自身が書いた「六四天安門事件」に関する記事を取りやめるよう同社の上層部から説得され、それをブログで公開したところ、解雇された。同チームの編集長も7月に相次いで解雇されたことから、メディアの公平性を揺るがすとして、香港市民の間で懸念の声が広がっている。香港記者協会は、同雑誌が所属する「南華傳媒グループ」を非難し、報道の自由を保つよう促した。

 ラジオ自由アジア(RFA)によると、「君子雑誌」の上層部は報道記者・朱天韵(ジュ・ティアンユン)氏が書いた天安門事件に関する記事を「煽動的である」という理由で掲載を取りやめさせた。それに対して朱氏は、「納得できない」として、同件の経緯をブログに公開した。その直後、同雑誌の上層部が朱氏を解雇すると、香港の人気掲示板「フェイス・ブック」に、南華傳媒を非難するメッセージが集中した。また、情報筋によると、同雑誌の編集長も「天安門事件」の記事にからんで解雇されたといわれており、メディアの公平性が揺らいでいると、懸念の声が上がっている。

 香港記者協会の責任者・麦燕庭(マイ・イェンティン)氏は、「雑誌側は2人を解雇した理由について、説明する必要がある」と発言し、「南華傳媒」に対してジャーナリストたちの報道の自由を尊重するよう促した。

 一方、解雇された朱天韵氏は、RFAの取材に対し、ブログに掲載した経緯は事実であり、香港メディアの現状を明かしたことについて、後悔していないと伝えている。

(翻訳編集・余靜)

 (09/08/04 00:15)  





■関連文章
  • スーダン:ズボン姿はイスラム法違反、女性は鞭打ちの刑か(09/08/03)
  • 対中国衛星放送の信号遮断、新唐人テレビが仏衛星会社を提訴(09/08/03)
  • 欧州議会議長、中国民衆の共産党離脱ブームを評価(09/07/31)
  •  世界37国と地域の法輪功団体共同声明、「中共解体こそ迫害停止の唯一の道」(09/07/18)
  • 香港で7万人デモ行進、中共に屈する行政府を非難(09/07/04)
  • 広州市:テレビで六四など禁止情報放送、中央から懲罰(09/06/23)
  • 香港:新型インフル、新たに12人感染(09/06/13)
  • 米女性記者2人、12年労働教化刑に=北朝鮮(09/06/09)
  • 天安門事件20周年、香港で15万人追悼集会(09/06/06)
  • 天安門事件20周年、六・四の北京・香港・台湾(09/06/06)
  • 六四天安門事件:学生リーダー「経済発展のために人を殺してもいいのか」(09/06/04)
  • 六四天安門事件20周年、追悼白衣着用禁止(09/06/04)
  • 香港8千人デモ、天安門事件名誉回復を求める(09/06/01)
  • 天安門の母、今なお続く苦悩(09/05/31)
  • 故趙紫陽・元総書記の回想録、香港で出版(09/05/15)