「戦争に備える」 中国軍指導部、全軍に指示

2013年01月15日 11時45分
 過去の軍事訓練 (AFP/Getty Images)

【大紀元日本1月15日】中国人民解放軍総参謀部が全軍に対し、2013年の軍事訓練は「戦争に備える」よう指示したことが分かった。14日付の軍機関紙・解放軍報などが伝えた。尖閣諸島(中国名・釣魚島)や南シナ海問題を念頭に策定されたものとみられる。

 「2013年全軍軍事訓練指示」と題するこの通達は、全軍が2013年、「実戦できる、実戦で勝てる」ことを目標に、「戦争準備」を最重要任務として、「実戦化した軍事訓練」を大幅に強化するよう指示している。

 具体的には、実戦意識や危機意識を高め、実戦に対応できるよう部隊を厳しく訓練するよう指示。さらに、軍の情報化や人材の養成を強調し、実戦能力の向上を妨げる問題の解決を呼びかけた。

 指示は、昨年11月に軍トップに就任した習近平・中央軍事委員会主席と党中央の重要指示に基づいて作成されたものと同紙は解説している。

 なお、昨年年初も訓練指示が出されていたが、「国防と軍隊建設」を軍事訓練の基本としており、「実戦」を意識した表現はほとんどなかった。尖閣諸島問題で緊張が高まる中、新指導部が昨年より一歩踏み込み、強硬な姿勢を示している。

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード
^