【フォトニュース】オバマ米大統領とキューバ・カストロ議長が握手=南ア

2013年12月11日 14時02分
【大紀元日本12月11日】南アフリカのヨハネスブルクで10日に開かれたネルソン・マンデラ元大統領の追悼式で、オバマ米大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長が握手を交わす場面が見られた。冷戦時代から敵対関係にある両国のトップ同士が直接接触するのは極めて異例だ。

 5日に95歳で死去したマンデラ元大統領は人種差別撤廃の象徴として、今なお絶大な支持を集めており、追悼式には各国首脳ら約100人と数万人の市民が出席。日本からは、皇太子さまが福田元首相と共に参列された。

 マンデラ氏の遺体は、首都・プレトリアで11日から3日間公開された後、15日に同氏の故郷クヌで埋葬される予定。

(翻訳編集・森 豪太)


関連キーワード
^