中国の住宅平均価格、100都市が5月に前月比約2年ぶりに下落

2014年06月02日 17時09分
【大紀元日本6月2日】中国指数研究院が1日に発表した最新報告によると、100都市の5月の新築住宅平均価格は前月比で下落したことが分かった。これは2012年6月以来初めての下落となった。北京、上海など10大都市のうち、北京と天津を除く8都市の住宅価格も前月比で下がった。供給増加と販売低迷が続く中、一部の開発業者が相次ぎ値下げを行ったことが影響した。一線都市の住宅価格も相次ぎ下落するなど、不動産市場の冷え込みが現実的となった。南方都市報が報じた。

 報告によると、100都市の新築物件価格の平均は1平米当たり10978元(約17万9000円)と前月比0.32%の値下げとなった。この平均価格はこれまで2012年6月以来23ヶ月の間、上昇しつづけていた。さらに、調査対象となった100都市のうち、前月比で価格上昇したは37都市で、先月より18都市減となった。また、前月比で価格が下落したのは62都市で、先月より17都市増となった。

 また、一線都市と呼ばれる北京、上海など10の大都市の新築物件価格も1平米当たり19605元(約32万円)と前月比で0.18%減となった。そのうちの8都市は落ち込みを見せた。

 北京と天津はそれぞれ0.69%、0.08%上昇したが、ほかの8都市は前月比で下落し、南京は1.36%と最大の下落幅を記録した。

 同記事によると、浙江、江苏など南部から始まった値下げの動きは個別の都市から周辺都市へと広がり、住宅価格の値下げは常態化する恐れがあるという。住宅価格が下落する理由について、全国的に住宅不足の状況から脱出し、一部の都市では過剰在庫を抱えていることが大きく影響していると分析した。購入者が「待てばさらに下がる」と買い控えし、デベロッパーは資金繰りのため販売量を優先する値下げ競争を展開している。不動産業界では、今後値下げの動きがさらに拡大すると見ている。また、不動産デベロッパー向けの銀行融資が締め付けられており、個人向け住宅ローンの縮小傾向が継続していることも値下げに拍車をかけている。

 
(翻訳編集・高遠)
関連キーワード
^