印刷版   

8月1日、イスラエル軍は過去48時間にヒズボラの兵士20人を殺害したと発表。写真は戦車に乗り込むイスラエル軍の兵士(2006年 ロイター/Carlos Barria)

イスラエル軍、過去48時間でヒズボラ兵士20人殺害

 イスラエル軍は1日、過去48時間に行ったレバノン南部への新たな侵攻で、イスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの兵士20人を殺害したと発表した。

 イスラエル軍の広報担当官によると、それらの被害は、レバノン国境から数キロに位置するタイベ、アダイセなどの村での交戦中に発生したという。

 軍の声明は当初、1日の戦闘のみに言及していたが、後に7月31日に出た死者数も含めて修正された。

 ヒズボラ側は、この戦闘で新たに深刻な被害が出たことを否定。ヒズボラの広報担当官は、7月12日に始まったイスラエルの攻撃で死亡したヒズボラ兵士は合わせて43人としている。

 イスラエル側の死者数は兵士・民間人を合わせて51人。イスラエル発表によるヒズボラの死者数は200人超となっている。


[ロイター1日=エルサレム]

 (06/08/01 20:30)  





■関連文章
  • イスラエル、ヒズボラと捕虜交換の用意=イスラエル紙(06/08/01)
  • イスラエル、ヒズボラとの戦闘終結を求める国際社会の圧力を無視(06/08/01)
  • ヒズボラとの停戦は、国際部隊が配備された後になる=イスラエル(06/07/31)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • イスラエル、南レバノン空爆を48時間停止することに合意=米国務省(06/07/31)
  • 米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け(06/07/31)
  • イスラエル軍がレバノン南部を空爆、子供21人を含む40人死亡(06/07/30)
  • イスラエルは作戦続行、レバノンは死者最大600人か(06/07/28)
  • イスラエルの国連施設空爆で中国人が死亡、国連大使が非難(06/07/26)
  • イスラエル軍が国連レバノン暫定軍の基地を空爆、4人死亡(06/07/26)
  • レバノン停戦は緊急課題、停戦には条件も=米国務長官(06/07/24)
  • イスラエル、レバノン南部への侵攻部隊を拡大へ=軍ラジオ(06/07/23)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • イスラエル軍のレバノン空爆継続で31人死亡、ヒズボラも応戦(06/07/19)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)