【ニューヨーク通信】菊花展で、太鼓と長唄のパフォーマンス

2007年11月16日 06時02分
 【大紀元日本11月16日】10月31日に、NY植物園で開かれている「日本の菊花展」についてご紹介しましたが、今回はその続報です。

 11月4日(日)、好天に恵まれたNY植物園では、菊の展示会場の横の広場で、太鼓の公演が行われました。演者は、熱気あふれるヒロ・クラシマさん率いる「太鼓まさら」のチーム3人。3人が繰り広げる太鼓の公演は、遠くで観ていてもエネルギーが飛び散るのが良く分かるほどの熱演で、特に、若くて元気なヨーコさん、レイコさんの女性2人は、女性である事を忘れさせてしまうほど、力強く迫力満点で、感動的でした。そばで観ていたアメリカ人も拍手喝采です。

 公園の中にある、ロス・レクチャーホールでは、ワタベ真理子さん率いる日本の長唄と菊傘の踊りなどが演じられました。出演者は、趣味などをかねて隣接の市、NJからわざわざ菊祭りのためにいらした方々でした。しっとりとした日本の踊りと唄に、アメリカにいる事を忘れさせるひと時をすごす事ができました。

長唄の公演(大紀元)

菊傘の踊り(大紀元)

(NY記者=山崎)

関連キーワード
^