印刷版   

(Joe Raedle/Getty Images)

海外研究:地球はミニ氷河期に突入か?

 【大紀元日本1月15日】英紙「デイリーメール」10日の報道によると、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の重要メンバーであるドイツ・キール大学ライプニッツ研究所は、太平洋および大西洋の水温自然循環の分析により、「地球ミニ氷河期説」を発表したという。実際、コロラド州の米国家雪氷資料センターの数値によると、2007年より、北極は夏に海面氷結面積がすでに約106万平方キロ増加しており、増加率は26%にのぼったという。「地球ミニ氷河期説」は、北極が2013年の夏までに、完璧に融けてしまう「地球温暖化説」と1900年から始まった地球温暖化は人類が排出した温室効果ガスが原因であるとのこれまでの認識を覆した。

 ライプニッツ研究所・研究チームを率いるラティフ氏は、海洋の寒さと暖かさの循環の始まる所、即ち地表下914メートルのところの海水温度の測定を発案し成功したと2008年に発表、地球が寒い成り行きに変わることを予測し、2009年のIPCC会議で同説の主張を繰り返した。

 ラティフ氏は、20世紀初頭及び1980年~2000年の地球温暖化をもたらした大部分の原因が海洋の寒さと暖かさの循環にあると指摘した。さらに、その循環は現在逆の動きになっていることから、ここ数年のような寒冬と冷夏が現れたとした。この現象が長く続くとさらに、氷河が融け海水が上昇する現象は無くなり、地球温暖化に終止符が打たれ、気候も寒くなると示した。ラティフ氏は、この現象は今後20年間またはそれ以上にわたり続くと予測した。

 また、現在の寒冬現象は北極振動(Arctic oscillation、北極と北半球中緯度地域の気圧が逆の傾向で変動する現象のこと)によるものであっても、実質上、長期にわたる太平洋および大西洋の「数十年振動(multi-decadal oscillations、MDOs)」と深く関わっているとラティフ氏が指摘。

 これに対して、米ウィスコンシン大学大気科学組織責任者ティサンニス氏は、「数十年振動」は世界各地で同時に発生したことによって、地球気候は「温暖化」から「寒冷化」に変化し、20~30年後に再び逆転すると説明した。ティサンニス氏は、「数十年振動」は地球の気候を変え、20世紀と21世紀における地球気候変化の重大な要因の一つであるとラティフ氏に同調した。

(翻訳編集・豊山)


 (10/01/15 05:00)  





■関連文章
  • 英科学者:論争の的となる大気中の二酸化炭素(10/01/13)
  • 地球温暖化により、毎年涼しい地域へ420m移動(10/01/01)
  • 北京当局、コペンハーゲン協定破たんに成功(09/12/24)
  • COP15:政治合意案、具体的な削減数値なし(09/12/19)
  • 温室効果ガス削減で、焦りを見せる中国代表団=コペンハーゲン会議(09/12/17)
  • 巨大コンテナ船 深刻化する排気汚染(09/12/14)
  • 地球で一番遠い国、キリバス(09/12/14)
  •  巨大氷山が南極から豪大陸へ漂流(09/12/12)
  • 「コペンハーゲン合意」の草案明らかに=COP15(09/12/10)
  • 環境問題:海中に沈みゆく国=ツバル(09/12/10)
  • 南極の氷 融ける規模と速さ、予測を上回る=米研究(09/11/30)
  • 温暖化で、海洋生物絶滅の危機=カナダ(09/11/24)
  • エベレストにハエ生息確認 温暖化で氷河融解が深刻(09/10/20)
  • 世界初 、海底で閣僚会議=モルジブ共和国(09/10/19)
  • 研究報告:環境ストレスを受けた植物は温暖化ガス放出増加(09/09/16)