12歳の少女が赤ちゃんを出産、「複数の教師に強姦された」=湖南省

2013年07月13日 12時10分

【大紀元日本7月13日】中国湖南省祁陽県で小学校6年生の女子児童・思思ちゃん(仮名、12歳)は5月上旬、赤ちゃんを出産した。複数の教師に強姦されたと証言する彼女だが、警察は隣村の高齢者の男性を犯人と断定した。被害者一家は警察の捜査に強い不信感を示す中、中国有力紙「南方都市報」の記者は本事件の経緯を追跡調査した。

 農村生まれで、同県梅渓鎮中心小学校に在学する思思ちゃんは当初、妊娠したとも分からず、体の変化にただ怖がってばかりだったという。今年1月中旬頃、娘の異変に気づいた両親は彼女を病院に連れて行って検査したところ、すでに妊娠5カ月であると判明した。

 農民で古風な両親にとってまさに青天の霹靂。相手の男性を突き止めるため、苦難な道のりがこの日から始まった。

 これまでに先生に強姦された事を伏せていた思思ちゃん。父親にひどく怒られて殴られた末、やっとことの真相を話し始めた。その話によれば、昨年6月から、同小学校の男性教師3人は度々校内で彼女を単独で強姦した。そのうちの1人は、ナイフで彼女の手を切りつけて、「ほかの人に話したら殺す」と脅したという。その傷跡もいまだに鮮明に残っている。

 その後、彼女は犯された当時の一部始終を警察にも話した。

強姦された教師に切られた手の傷跡を見せる少女(南都ネット/スクリーンショット)

 しかし警察はなぜか、隣村の男性、74歳の唐冬雲を容疑者としてリストアップした。そこから、本事件をめぐって奇妙な展開が始まった。

 謎その1.警察調書の不実記載と校長の偽証強要

 警察の調書は、唐の自供として、2012年8月から思思ちゃんを十数回にわたり強姦した上、毎回5~10元(1元は約16円)渡したと記されている。

 唐が実際にこのように自供したかどうか、確認が取れていない。

 一方、取材において、思思ちゃんは「まったくそのような事はない」と完全に否定し、唐が犯人だと告発するよう、校長に強要されたことを明かした。「そうしないと、学校に来させない」と脅されたという。

 謎その2.不審なDNA鑑定

 

関連キーワード
^