ブタ連鎖球菌に感染、死者24人に

2005年07月27日 10時23分
 【大紀元日本7月27日】中国衛生部が7月26日発表した情報によると、7月25日正午12時現在、四川省資陽市で発生した人のブタ連鎖球菌への感染者数は、既に117例にも上り、この内、死亡者は24人、重症患者は21人、完治し退院したのは4人、他の患者は今入院治療中であるという。

 四川省衛生庁の発表によると患者はすべて30歳~70歳までの農民。患者は発病初期に高熱、脱力感、吐き気、嘔吐などを訴え、重症患者には皮下鬱血、中毒性ショックなどの症状が現れた。

 感染発生地区を調査した結果、人がブタ連鎖球菌に感染した直接の原因は病死したブタの食用加工。現在、病死した豚を食用せず、直ちに埋葬または焼却するように、政府関係部門は感染区の住民に対して、指導を行っている。また、政府は、農民らによる、連鎖球菌に感染した豚の加工を禁止する通達を出した。

 現在、感染者が最多の地区での発病は既に減少傾向にあるが、周辺地区に新たな感染が確認された。

 中国大陸から通達を受けている香港当局は、大陸への香港旅行者に注意を呼びかけている。香港の大手スーパーは、四川省産の冷凍豚肉の販売を中止する動きが既に出ている。香港で販売している冷凍豚肉の2割は四川省から輸入したものであるという。
関連キーワード
^