印刷版   

人気1位のエル・サルバドル東南部に位置する小さな島

2010年世界旅行先ランキング=ロンリープラネット社

 【大紀元日本11月10日】

 世界最大手の旅行ガイドブック専門出版社・ロンリープラネット(Lonely Planet)が、年に一度、特別版として発行する『ベスト・イン・トラベル』(Best in Travel)の2010年版が今月の3日、発表されました。

 『ベスト・イン・トラベル』はロンリープラネット社の制作スタッフやガイド達が「世界で最もホットな旅行動向、旅行先」をまとめたガイドブックです。金融危機の影響で、アイスランドが「お得な旅行先」部門で1位となり、日本は、京都が都市部門の6位にランクインしました。

 部門別ランキング

 【お得な旅行先トップ10】

 1. アイスランド

 2. タイ

 3. ロンドン

 4. 南アフリカ

 5. インド

 6. マレーシア

 7. メキシコ

 8. ブルガリア

 9. ケニア

  10. ラスベガス

 【国のトップ10】

 1. エル・サルバドル

 2. ドイツ

 3. ギリシャ

 4. マレーシア

 5. モロッコ

 6. ネパール

 7. ニュージーランド

 8. ポルトガル

 9. スリナム

  10. アメリカ合衆国

 【地域のトップ10】

 1. フランス・アルザス地方(Alsace)

 2. インドネシア・バリ(Bali)

 3. ブラジル・フェルナンド・デ・ノローニャ(Fernando de Noronha)

 4. インド・ゴア(Goa)

 5. カンボジア・コーコン(Koh Kong)

 6. ロシア・バイカル湖(Lake Baikal)

 7. メキシコ・オアハカ(Oaxaca)

 8. アフリカ南部(Southern Africa)

 9. イギリス・湖水地方(The Lake District)

  10. 西オーストラリアの南西部(Southwest Western Australia)

 【都市のトップ10】

  1. アブダビ(アラブ首長国連邦)

 2. チャールストン(ア<潟J合衆国)

 3. コーク(アイルランド)

 4. クエンカ(エクアドル)

 5. イスタンプール(トルコ)

 6. 京都(日本)

 7. レッチェ(イタリア)

 8. サラエボ(ボスニア)

 9. シンガポール(シンガポール)

  10. バンクーバー(カナダ)

 日常の生活から私達を連れ出し、未知の体験をさせてくれる旅。あなたの次の行きたい所はどこですか?

(翻訳編集・心明)


 (09/11/10 05:00)  





■関連文章
  • 外国人観光客、チベット入り禁止(09/09/23)
  • 熱烈歓迎!花の博覧会へ=台湾観協来日、東京各地でPR(09/09/19)
  • 中国個人観光ビザの申請を受理開始=観光庁(09/07/02)
  • マスク装着の修学旅行=京都 (09/05/20)
  • 中国人旅行者ビザ無しで台湾到着、38人全員強制送還(09/04/22)
  • 中国当局の旅行団体派遣、台湾への経済同化策略(09/03/24)
  • 世界遺産「九寨溝」立ち入り禁止、チベット情勢に関連か(09/03/15)
  • 【バンクーバー通信】海外へ旅行する日本人への警告(08/11/27)
  • 世界の国からコンニチハ!旅行博2008(08/09/23)
  • 北京五輪:空席あるのに、チケット入手困難?(08/08/19)
  • チベットを訪ねる旅行者、前年同期比70%激減(08/08/18)
  • 北京暴雨で競技中止、万里の長城で落雷も(08/08/16)
  • 【コメディー】北京五輪の怪(08/08/06)
  • 五輪期間予約見込みはずれ、北京のホテル大ピンチ(08/07/25)
  • 中国境界検問所、チベット独立宣伝品発見、日本人旅行者拘束(08/06/07)