賃金不払いへの抗議 社長宅にアヒルの雛1130羽を放つ=四川省

2014年04月18日 15時50分
【大紀元日本4月18日】会社の上司に対する抗議方法に、こんな手段はどうだろう―。四川省広安市で14日、賃金不払いを不服とする60歳の男性労働者が、社長宅に1130羽のアヒルの雛を解き放つ「抗議」を行った。

 この労働争議は3年前、この会社を辞める前に始まった。男性は会社に賃金3000元が未払いと主張したが、会社はこれを拒否し続けた。男性は怒り、ユニークな行動に出た。トラック一杯分のアヒルの雛を隣村のアヒル飼育業者から購入し、一斉に社長宅に放ったのだ。

 アヒル飼育業者が男性にアヒルの代金を請求したところ、男性は、自分に未払いのある社長に請求するようと告げた。不審に思った飼育業者が通報し、アヒル騒動に警察の仲介が入った。

 結果、男性はアヒルの輸送費と疾走した数羽の代金を請求され、未払いの賃金に関しては関連機関で争議するよう警察は促したという。

(翻訳編集・佐渡 道世)


関連キーワード
^