■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/11/html/d30727.html



11月21日、シリアとイラクが26年ぶりに国交完全回復で合意。写真は記者会見するシリアのムアレム外相(左)とイラクのジバリ外相。代表撮影(2006年 ロイター)

シリアとイラクが国交完全回復で合意、26年ぶり

 イラクとシリアは21日、1980年の断交後26年ぶりに、国交を完全回復することで合意した。

 イラク訪問中のムアレム・シリア外相とジバリ・イラク外相は文書で、イラク政府が必要とする間、シリアが米軍の駐留を認めることについて確認。またダマスカスとバグダッドで両国の大使館を再開することも合意した。

 イラクは国交回復を機に、シリアからのイラク国内の武装勢力への支援阻止も狙っている。

[バグダッド 21日 ロイター]