THE EPOCH TIMES
新疆地区の人権侵害

広島の1300倍、実験場となったウイグルで核汚染被害 臓器収奪も

2016年10月17日 10時47分

80年代からすでに臓器収奪が行なわれていた新疆地区

 共産党政権により「実験場」となった新疆ウイグル自治区で行われたテストは、核実験だけではないとトフティ氏は指摘。80年代には生物兵器実験、90年代には臓器移植ビジネスに用いるための臓器収奪があったと指摘する。

 イーサン・ガットマン氏は、中国臓器収奪問題について詳しいジャーナリストとして知られる。同問題について、2014年に自身の著書「スローター(大屠殺)」で明らかにした。新疆ウイグル自治区では80年代から、囚人からの臓器の収奪が確認されていたと主張。90年代半ばには、処刑場に医療用ワゴン車を見かけることは常だったと、現地の関係者からの証言を得ているという。

​道路で椅子をならべてくつろぐカシュガルの住民。店の看板には、本土大学を広告する共産党のスローガンが掲げられている。2008年撮影(Gusjer/Flickr)

移植ツーリズムに日本人も?

 シンポジウム後のインタビューで、ガットマン氏は多数の日本人が中国へ臓器移植を目的に渡航している可能性に触れ「(中国の)移植手術件数は減っていない」と述べた。同氏の調べによると、中国人向けの臓器よりも10倍~15倍もの値段で、日本人は臓器移植を受けているという。

 具体的には、ガットマン氏は、日本政府と中国政府からの助成を受けて設立された中日友好医院を挙げた。1600の病床を構えるこの大型病院は、中国共産党の高級幹部が通う「基幹病院」と認定されている。2015年には、中国のトップ100病院で43位にランク付けされた。

 また、中国北東部で最大級の臓器移植センターを抱える中国医科大学付属第一病院は、日本、韓国など国外患者に特化しているという。日本語でネット検索すれば移植ツーリズムへの案内は入手可能であった。

 中国国際臓器移植支援センター(CITNAC)は、次のように宣伝していた。「私どもの臓器移植センターは、日本で学業を修め、日本文化に通じている数名の医師と、看護師長を備えるだけでなく、日本からの患者の方々の便宜をはかり、ほとんどの看護師が日本語を話します。全ての患者の方は、手術後、幹部用の病棟で特別の手当てを受けます」。

臓器狩りジャーナリスト「日本人は手を汚さないで」

関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^