写真報道: 涙を呑んで、中国で活きよう

2006年02月03日 12時52分
 【大紀元日本2月3日】
13、だれかこの幼い兄弟に新しい靴を買ってあげてください。


12、この老人が背負う荷物の重さを想像できますか?


11、ゴミ拾いのおじさん。私が撮ったこの一枚は彼の45年間の人生で始めての写真だという。唯一残念なのは、いまだ彼に写真を渡すことができないことだ。


10、男の子は小学校6年生。毎日朝5時に家を出て、途中4つの山を越え、片道3時間かけて学校に通っているという。


9、新聞を読む人々


8、私が北京から来たと言うと、「僕のママは北京に出稼ぎに行ったきり、もう2年も帰って来ないよ。ママに逢いたい……」と男の子は急に泣き出した。地方には彼のように数年間も両親に会えない子供がたくさんいる。


7、露天理髪店の店番をする娘


6、母親が漕ぐ「車」


5、彼女は小児麻痺の障害者。雨、風にも負けず毎日街頭で物乞いし、息子の学費を稼いでいる。最大の夢は高校生の息子を大学に進学させること。苦しい生活にも泣かなかった彼女だが、息子のことを語り始めると涙が溢れ出した。


4、この足の不自由な人にも見せてあげてください。


3、身体に障害を持つ王雪萍さん。不幸な運命だったが、幸運にも「佳潔士」という企業が彼女のために、障害治療費用を全額負担してくれる事になった。来年の6月1日には彼女も健常者のように歩けるようになるという。


2、身体障害者のお父さんを引っ張る子供。


1、ほこりまみれの人生。

関連キーワード
^