3月10日(金)=焦国標・元北京大助教授来日講演:「日本は中国の政治民主化と人権擁護

2006/03/07 12:48
 【大紀元日本3月4日】大紀元時報日本支社は、来日中の自由主義学者、前北京大学新聞伝達学院副教授・焦国標を招き、10日午後6時から東京台東区学習センターで、講演会「日本は中国の民主化と人権擁護を促進すべき」を開きます。同氏は、2004年、中国のウェブサイトで評論「中宣部(中国宣伝部)を討伐せよ」を発表し、中共政権の報道中央機関である中宣部に対して「十四の罪悪」を挙げて激しく批判し、中共の言論規制の限界に挑戦したことで、中国内外で話題を呼びました。最近の「氷点」週刊停刊事件で、中宣部が共産党体制内外とも猛烈な批判を受ける中、中宣部討伐の声を挙げた第一人者として、焦氏の今回の来日は、メディをはじめ、政府や社会各界から注目を集めています。

 ●日時: 平成18年3月10日(金曜日) 

 ●時間: 午後6:00pm~8:45pm

 ●場所: 台東区生涯学習センター 301室

 ●交通: 地下鉄日比谷線 「入谷駅」1番出口 徒歩8分

  JR 京浜東北線 「鶯谷駅」南口 徒歩15分

  つくばエクスプレス線 「浅草駅」A2出口 徒歩5分

  (詳細な地図

 定 員:  90名(申込先着順)

 参加費:  無料

 お申し込み: TEL 03-5256-7601  FAX 03-5256-7603

 E-mail:  harimoto@djy.co.jp

 主 催: 大紀元時報日本支社

 お問合わせ: 張本、牧まで

関連特集

関連記事
注目記事
^