WHO、新書で中共のSARS対応を批判

2006/05/24 06:34
 【大紀元日本5月24日】世界保健機関(WHO)は先週、香港で公共衛生専門家と科学者による共同著書を出版した。「SARS:世界で拡散された伝染病は、どのように阻止されたのか」というタイトルの本書は、2002年中国でSARS発生時、中共政権が関連情報を封鎖、感染事実を否認したことを批判している。

 同書の記述によると、2002年11月、SARSが南部の広東省で蔓延していた際、当局はその事実をすでに把握しているにもかかわらず、WHOに報告しなかった。2003年2月10日にWHOがはじめてSARS感染の事実を知り、中共当局ははじめて中国国内での感染事実を報告した。WHOは、感染情報の詳細を提供するよう求めたが、応じられなかった。

 同書によると、SARSが中国国内外で蔓延した期間、中共当局は世界に警告を出さなかった。北京市を含め、当時の中国各地の病院は、感染状況に関する情報を厳しく封鎖したため、中共当局の怠慢で、全世界の公共衛生の安全が脅かす大事件となった。その結果、SARSは世界30カ国に蔓延し、8千人が感染、8百人の命が奪われた。

 「SARSの世界蔓延は中共政権に、このような流行病について迅速な対応が必要であると一つの教訓を与えた」と結論付けている。

関連記事
注目記事
^