NYホットドッグ早食い競争、日本の小林さんが6連覇

2006年07月07日 09時00分
 【大紀元日本7月7日】ニューヨークの観光地コニーアイランドで4日、米独立記念日恒例のホットドック早食い競争が行われ、小林尊さん(27)が6連覇を果たした。ロイター通信が伝えた。

 毎年7月4日に行われるこの大会は、12分間でどれだけのホットドッグを平らげることができるかを競う。日本から参加した小林さんは、25,000人の観客が見守る中、12分間で53本と4分の3のホットドッグを平らげ、連続チャンピオンとしての意地を見せた。

 小林さんの身長は167.6cm、体重77kgで、早食いチャンピオン参加者の中では小柄な方だが、早食いには、身体のサイズは関係ないようだ。参加者らは、ホットドッグをソフトドリンクに浸し、ほとんど噛まずに丸呑みする。小林さんは優勝後、「この結果には満足していない。またコンテストに戻ってくる。」と語り、本当のところ、ホットドッグは余り好きではなく、豆腐が好きだ、とコメントした。

関連キーワード
^