印刷版   

中国の固定資産投資の伸び、依然速過ぎる=国家統計局当局者

 中国の新華社は、同国の固定資産投資の伸びが依然速過ぎるため、適時に引き締め策を講じ抑制する必要があるとする、国家統計局の当局者の見解を伝えた。名前は明らかにされていないが、この当局者は、資本支出が過剰な伸びを示し経済にリスクとなっていることを認めた上で、政府は警戒する必要があると指摘。「監視を強め、加速を防ぐため適時に引き締め策を導入する必要がある」と述べた。

 また、盲目的な投資の伸びは、より消費主導型の成長モデルへの移行を難しくしているとともに、不良債権の発生につながる可能性もあると警告した。


[ロイター30日=北京]

 (06/08/30 11:33)  





■関連文章
  • 中国国有企業の損失は1026億元 史上第二のピークに(06/03/29)
  • 中国の男女人口性別比(06/03/18)
  • 【熱点互動】中国GDP調整の背景(06/02/18)
  • 農村からの出稼ぎ雇用で2370億元(約3兆5千5百5拾 億円)節減(05/12/31)
  • 中国不動産:深刻な商品物件の在庫、銀行に被害(05/12/20)
  • 経済学者:中国の経済成長に疑問(05/10/31)
  • 中国:国内加工業の収益急激下落、経済失速に懸念(05/10/30)