印刷版   

1月31日、任天堂「Wii」のソフトがゲームサイトの人気投票で賞を独占したことが明らかに。写真は昨年5月、米ハリウッドで行われたゲーム見本市E3で撮影(2007年 ロイター/Robert Galbraith)

任天堂「Wii」のソフト、ゲームサイトの人気投票で賞を独占

 米国でゲーム専門誌を発行するジフ・デービス・メディア・ゲーム・グループが主催するゲームファン向けサイトの人気投票で31日、任天堂(7974.OS: 株価, ニュース , レポート)のゲームが賞を独占した。投票の結果、任天堂の新型ゲーム機「Wii(ウィー)」用ソフト、「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」が2006年の「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」および最も優れたアドベンチャーゲームに選ばれた。

 同じく「Wii」用ソフト、「Wii・Sports」が最も革新的なゲームおよび最も優れたスポーツゲームに選ばれた。

 また、同サイトの編集者は、ゲーム機用ソフトの「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」に「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」を選んだ。

[サンフランシスコ 31日 ロイター]

 (07/02/02 08:48)  





■関連文章
  • マイクロソフト、中国で「Xbox360」販売へ=関係筋(07/01/16)
  • 任天堂「Wii」コントローラーのストラップ320万本を無償交換(06/12/16)
  • 任天堂「Wii」、11月の全米出荷台数は47万6000台=調査会社(06/12/11)
  • 任天堂「Wii」、米大陸の販売台数は8日間で60万台(06/11/29)
  • 北朝鮮、大洪水のためマスゲームを中止=韓国当局者(06/07/31)
  • IT時代青少年、コミュニケーション力低下(06/06/17)