印刷版   


イラン、ウラン濃縮活動を拡大=IAEA報告

 国際原子力機関(IAEA)報告書によると、イランは、国連安全保障理事会が定めたウラン濃縮活動の停止期限を無視しただけでなく、さらに拡大させていることが明らかになった。

 ロイターが入手した報告書は「イランはウラン濃縮関連活動を停止していない。イランは核濃縮試験施設の稼働を続けており、(地下に計画されている商業規模の)濃縮施設の建設も続けている」と指摘。「遠心分離機に連結したカスケードへの六フッ化ウラン(UF6)ガスの注入を開始した。重水関連計画も続けている」とした。

 注入されたUF6ガスは、核爆弾製造に必要な濃縮度80─90%には遠く及ばないという。IAEAの高官は「濃縮ウランが商業規模で製造されているわけではないが、活動が進展していることは明らか」と指摘した。

 [ウィーン 23日 ロイター]

 (07/05/24 09:47)  





■関連文章
  • イランと北朝鮮、2国間関係強化で合意=イラン学生通信(07/05/14)
  • イラン通信省、「不道徳な」携帯電話メッセージを検閲へ(07/05/01)
  • 世界人権年度報告:中国の人権問題に重大な関心(07/04/29)
  • 攻撃受ければ米とイスラエル攻撃=イラン内務次官(07/04/27)
  • ロシア、イランのブシェール原発近くでのミサイル訓練を批判(07/04/12)
  • イラン大統領、9日に核計画について発表へ(07/04/09)
  • 解放された英兵士が帰国、イラン核開発問題への影響が今後の焦点(07/04/06)
  • 解放された英兵15人が英国に帰国へ=航空会社関係者(07/04/05)
  • 英兵15人を「恩赦」解放する=イラン大統領(07/04/05)
  • 英政府、英兵拘束問題解決に向けイランに直接対話を提案(07/04/04)
  • イランによる英兵拘束問題、解決に向け今後48時間が重要=英首相(07/04/04)
  • 元FBI捜査官がイランで行方不明、米国が調査要請(07/04/03)
  • イラン大統領、英政府に謝罪要求=通信社(07/04/01)
  • 国連安保理、イランの英兵拘束問題で「早期解決求める」声明発表(07/03/30)
  • イランが女性兵士解放を延期、英国は国際的な支持求める(07/03/30)