印刷版   

「いざ、宝の山をかきわけて」(大紀元)

いま両国国技館が熱い、「第45回 下町質屋のチャリティーバーゲン」開催

 【大紀元日本11月15日】下町恒例の「第45回 下町質屋のチャリティーバーゲン」が14日、東京・両国国技館で開幕した。

 この催しは「質屋21協同組合」の主催によるもので、ヴィトンやエルメスなど高級ブランドバックや時計、家電製品、カメラ、毛皮から美術骨董まで約5万点が激安価格で販売される。

 同組合の元理事長で相談役の春日義弘さんは、「最近は外国人のお客様が多くなっていますね。私どもの催しが広く知られて嬉しいです」と話す。

 今回のチャリティーバーゲンの期間は11月14日から16日までの3日間。東京・墨田区の「両国国技館」地下一階大広間(JR総武線両国駅前)で開かれる。開催時間は午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。入場は無料。
質屋21協同組合相談役、春日義弘さん(大紀元)
さすが国技館、宝石売り場は真剣勝負?(大紀元)


 
(記者・牧)


 (08/11/15 12:50)  





■関連文章
  • 質屋大バーゲン「シッチーのチャリティフェア」開幕(08/11/14)
  • 日本の質屋さん 外国人客にも大人気!第44回下町質屋のチャリティバーゲン(08/07/05)