THE EPOCH TIMES

人権弁護士マタス氏、法輪功学習者を対象にした「臓器狩り」は今も続いている

2009年07月07日 01時58分
 【大紀元日本7月7日】中国で迫害されている多くの法輪功学習者を対象とした「臓器狩り」が行われているという告発は06年、二人のカナダ人弁護士による綿密な調査により「紛れもない事実」であると結論づけられた。そのうちの一人、人権弁護士デービッド・マタス氏が7月6日、来日し、東京・外国人記者クラブで記者会見を行い、法輪功学習者を対象にした臓器狩りは今もなお続けられていることが明らかにされた。

 デービッド・マタス氏は、1943年カナダ・ウィニペグ生まれ。オックスフォード大学法学士号取得。法曹界のみならず政界での法律顧問、トロントに本部を置くNGO「国際反拷問連盟」共同委員長なども歴任。2008年12月、カナダ総督(エリザベス女王の名代)より民間に授与される最高栄誉であるカナダ勲章を受章した。

 記者会見が行われた7月6日は、奇しくも3年前に「中国における法輪功学習者を対象とした臓器狩りの告発に関する調査報告書」が発表された日だ。

 マタス氏は、カナダ政府元閣僚のデービッド・キルガー氏とともに06年5月、法輪功迫害真相調査連盟(CIPFG)より、中国で法輪功学習者を対象とした臓器狩りへの調査協力の依頼を受け調査を開始した。依頼者側や法輪功関係者、その他いかなる組織や政府からも独立した調査であることを徹底した。

 99年7月以降、大規模な法輪功迫害が始まり、膨大な数の法輪功学習者が刑務所や強制労働収容所へ送られた。それらの人々は、法輪功の気功修煉により概ね健康であるとともに、親族に難が及ぶことを避けるために身元を明かさないことが多かったため、「臓器狩り」の対象になりやすかった。

 法輪功の迫害開始後に中国で激増した移植手術の件数は、処刑された死刑囚の数だけでは説明がつかない。00年~05年に行われた6万件の臓器移植のうち、約3分の2の4万1500件の臓器が出所不明である。

 04年の処刑者数は、アムネスティ・インターナショナルの調べによると、約3400人だったが、08年には約1700人に半減した。しかし、肝移植件数は、04年が2219件、08年が2209件とほとんど変化がない。いまだに法輪功学習者を対象にした臓器狩りが行われていることが推察される。

 中国のある病院のウエブサイトには「1週間で適合臓器を用意する」と宣伝していることから、生きている「提供者」が存在するはずである。しかし、中国には臓器ドナーシステムなどは存在せず、ドナーが潤沢にいるとは考えにくい。

 99年以前は、中国本土に22カ所しかなかった肝臓移植センターが06年4月中旬には500カ所に急増し、腎臓移植機構も01年の106カ所から05年の368カ所に増加した。

 収監した法輪功学習者には血液検査・臓器検査を実施したという証言が多くある。この日、記者会見で自らの迫害体験を語った金子容子さんは、02年から1年半の強制労働期間中にさまざまな拷問を受けたが、そこで血液検査を受けた。学習者以外の受刑者には血液検査は行われなかったという。

 この臓器狩りは、性質上、立証するのは難しいとされていたが、数々の証拠を丹念に精査した。特に、中国大陸の病院への電話調査により、「犯行」を認める供述を多く得ることができたという。

 国際社会の非難より、臓器移植は登録された病院でのみ行われることになったため、手術件数は若干落ち込んだが、08年には先の肝移植の例のように07年以前と同様の件数に戻っている。

 マタス氏は日本政府に対し①臓器移植の斡旋を禁止するとともに、中国で臓器移植を受けた日本人も法律で裁かれるべきである②臓器移植に関わる中国人医師を研修で日本に招くべきではない③日本国内での臓器提供の機会が増えるよう、15歳未満の子どものドナーや、脳死に対する考え方などについて柔軟性を求める④日本の外務省は臓器移植を目的とした中国ツアーには参加しないよう勧告すべきであることを求めた。

 また、中国政府には①臓器ドナーシステムを構築すべきである②脳死患者からの臓器摘出を認め、囚人からの摘出は止めるべきだ③法輪功学習者からの臓器摘出に関与した者はすべて法の裁きを受けるべきだ④法輪功学習者への迫害はすぐに止めるべきであることを訴えた。

 人権侵害を止めさせる上で一番大きな障害は「無関心」であるとし、日本の多くの人々がこの法輪功学習者への迫害に関心を持つべきであると呼びかけた。

 (佐藤)
関連キーワード

関連特集

^