印刷版   

スイスのバセル市の古い町並み(Lars Baron/Bongarts/Getty Images)

地震誘発で、提訴された地質学者 無罪判決=スイス

 【大紀元日本12月28日】

 地熱を利用した発電所のプロジェクトにより地震が誘発され、建物等に損害が出たとし提訴されていたスイスの地質学者マークス・へーリング(Markus Haering)氏に21日、無罪の判決が下された。

 このプロジェクトはスイスのバセルで掘削作業を行い、地下約5キロメートルの地点からの地熱を利用し発電を行うというものであったが、掘削が原因で地震が誘発された。その内にはM3.4に達する地震も含まれていた。掘削による地震で死傷者は出なかったものの、9百万ドルの損害が出たため06年にプロジェクト自体が保留にされていた。

 その後の政府による調査で毎年数百万ドルの被害が出ると予想されたため、今回プロジェクト自体が完全に停止された。

 先日ヘーリング氏は裁判所に出廷し、故意にこのような地震を引き起こしたわけではないということ、また地元の人々も事前にこれ等が起こりうるリスクに気付いていたと述べた。

 スイス政府の調査グループが今月10日に発表した調査報告では、もしこのままプロジェクトを再開すれば、今後30年間バセルで14回から170回の地震が発生し、毎年5億ドルの損失が出ると予想されると発表した。しかしながら、このプロジェクトがバセルの地下を走る活断層に影響を与える可能性は無いとみられている。この活断層は1356年には大地震を引き起こしている。

(翻訳編集・坂本)


 (09/12/28 05:00)  





■関連文章
  • 【速報】台湾東沿海外海 震度7の地震発生(09/12/20)
  • 予測情報隠ぺい 四川大地震被災者ら、国家地震局を告訴(09/12/19)
  • 四川省、M5・2の地震発生(09/11/29)
  • 四川省汶川でM4・8の地震発生 成都でも強い揺れ(09/11/24)
  • 復興用レンガも、指で粉々に=四川大地震の被災区(09/11/17)
  • 四川大地震発生は大型ダム建設と関連するのか(09/11/17)
  • 台湾中南部、強い地震発生(09/11/06)
  • 青海・陜西、同日地震発生 被害状況不明(09/11/06)
  • 台湾東沿岸、M6・3地震(09/10/04)
  • 【フォトニュース】地震発生から2日後、救出される女子大生=スマトラ地震(09/10/03)
  • インドネシア、7・6(M)大地震発生 死者100人以上、数千人が瓦礫の下(09/10/01)
  • ブータンM6・3地震発生、死者7人(09/09/22)
  • 陜西・甘粛・四川境界、M5・1地震発生(09/09/20)
  • バリ島沖でM6・4地震、負傷者7人=インドネシア(09/09/20)
  • 四川大地震の後、胎児死亡が続発 仮設住宅が原因か(09/09/13)