THE EPOCH TIMES

中国とシンガポール結ぶ東南アジア高速鉄道、年内着工か

2011年01月11日 10時33分
 【大紀元日本1月11日】中国から出発し、ビルマ、タイ、マレーシアを経由してシンガポールを終点とする東南アジア高速鉄道は、2011年に着工されることが明らかになった。政府機関紙・人民日報傘下の中国経済週刊が報じた。

 建設内容の詳細は明かされていないが、今回は中国南西部とインドシナ半島を網羅する陸上交通の「泛亜鉄道」(ユーラシア国際鉄道)の東南アジア部分に当たる。

 北京航空航天大学安全戦略研究センターの王湘穂主任は、鉄道の建設で経済的連携を強めるだけでなく、「海上通路の軍事的圧力を避けることができる」と、中国の安全保障においても有効だと話す。

 シンガポール紙「聨合早報」によると、現在、多くの国が中国政府の鉄道部と、高速鉄道の建設について提携を結んでいる。鉄道部はこれまでに米国やロシア、南アフリカ、ビルマ、タイ、カンボジア、ミャンマ、トルコ、ボーランド、ベネズエラなどの国と建設プロジェクトの協力チームを結成しており、中国政府の資本が介入する高速鉄道の建設を世界中で推し進めている。

 「中国経済週刊」は当局の公表データを引用して、中国の高速鉄道の建設費用は通常、1~1.5億元(1元=12.55円)で、他国の3分の1か半分であると伝えた。業界の試算によると、2020年までに、全世界で2~3万キロの高速鉄道の建設が完成して運行し始める。中国鉄道部はその格安の建設費用で国際市場にて一席の地を獲得するであろうと豪語している。

(翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^