中国工場、労働力9割をロボットに入れ替え 250%の生産増

2017/02/05 22:03
中国科学技術大学が開発した、ヒューマノイド・ロボット「佳佳(ジャジャ)」が2017年1月に公開された。簡単な会話のやり取りができるという(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
 中国の東莞市のある工場は、650人の全従業員のうち590人分の労働力をロボットで置き換えた。結果は驚異的で、生産能力は250%増加したという。...
続きを読む
^