印刷版   

ラムズフェルド国防長官(Donald H. Rumsfeld) (AFP/Getty Images 2005-6-9)

ワシントン・タイムズ: 米情報機関、中国軍備増加の重大な見過ごし

 【大紀元日本6月15日】米国紙ワシントン・タイムズ6月9日付報道で、ある極秘報告書の存在を明かした、その報告書には、過去十年間、アメリカ情報機関が、中国の軍事進展状況について、若干の重大情報を探知出来なかったことを指摘した。

 報告書では、中国共産党が軍事情報を秘匿しすぎると批判。ある評論家は、情報部員らが責められるべきで、彼らは、中国軍事力を甘く見すぎたと意見を述べた。

 ラムズフェルド国防長官は、中国共産党が、戦の争脅威がないにもかかわらず、軍費投資を隠し、軍事力を拡張し続けていると牽制した。国務長官ライス氏も、今週の談話の中で、中国軍事力の拡張に懸念を示した。

 報告書では、中国の軍事拡張状況を以下にまとめている。

 ▽ 新型の長距離巡洋ミサイルを開発
 ▽ 米国のイージスの戦場管理技術を盗み取って、新型軍艦に装備する
 ▽ 新型の攻撃型潜水艦を配置する
 ▽ 高精度ミサイル開発、空対地ミサイルと新型高精度ロケット弾も含まれる
 ▽ 米国空母に設置している地対地ミサイルに対抗するため、関連軍事設備を開発している
 ▽ 先進的な武器を輸入している、ロシアの潜水艦、軍艦と戦闘機などが含まれる。

 報告の中には、「驚き」という言葉が、繰り返し使われ、アメリカ情報機関が、中国軍事発展状況の把握に厳重な過失を犯したことを強調した。

 報告書は、アメリカ情報部長John.D.Negroponte氏の部下で、首席情報分析官Thomas Fingar氏に交付されたという、彼はベテランの中国情報分析官である。

 報告書では、アメリカ情報機構における中国情報専門家の責任を、厳しく指摘した、彼らは中国共産党とよい関係を構築することに専念するあまり、中国共産党に対する警戒感を薄め、わずかな情報しか把握できてないことにまったく気づかず、中国共産党が、アメリカを敵に仕立ていることにもまったく認識していない、と批判した。

 アメリカは、中国に関する情報収集活動に、10年以上も翻弄された。

[中国語版又は英語版]:http://epochtimes.com/gb/5/6/11/n952302.htm

 (05/06/15 02:10)  





■関連文章
  • 中国の工作活動が活発、米国の先端技術を狙う(05/06/11)