貴州の炭鉱でガス爆発、14名が行方不明

2005/07/28 17:10
 【大紀元日本7月28日】中国西南部に位置する貴州省開陽県高サイ郷楓郷坡炭鉱で、7月27日1時30分ガス爆発事故が発生。この事故で作業者14名人が行方不明であると、博訊ネットが貴州炭鉱安全監察局の発表として伝えた。

 楓郷坡炭鉱は地元地方自治体の許可を受けた炭鉱で、炭鉱安全評価基準のC級に位置づけられ、基本的安全生産条件を満たしている。事故発生当時、14人の労働者が炭鉱内で作業中であった。救援活動は現在も継続中である。
関連記事
注目記事
^