続報: 湖北省大冶で2万人の民衆が暴動 黄石市政府庁舎が破壊される

2005年08月08日 11時18分
 【大紀元日本8月8日】8月4日に湖北省大冶市に起きた、一方的な行政命令に抗議し嘆願活動を行った市民らに対して、行政当局が警察を動員して市民らに暴行を加えた事件に、8月6日、湖北省大冶で2万人近くの民衆による暴動が発生した。群衆は中共黄石市政府のオフィスビル玄関のガラス、施設を破壊し、武漢に繋がる武黄高速道路になだれ込み、南北の交通を2時間余り遮断した。

 8月4日、湖北省大冶市の市民が上級行政市である黄石市が大冶市を大冶区に改変することに不満を持ち、黄石市政府前で請願を行ったが、その際に警察との間に衝突が発生した。警察は警察犬2匹を花って抗議に参加した民衆2名に傷を負わせたほか、6人の抗議者を殴って負傷させた。

 5日夜、一部の負傷者が大冶市青龍山公園で集会を行い、前日に起こった事件の経過を明らかにした。人々は、ネット上や大冶市の主要な交通路のいくつかに公告を張り、8月6日に再度黄石市政府に抗議活動を行うことを通知し、90万人の大冶市民に対し、今回の抗議活動への自発的に参加及び支持を呼びかけた。

 6日午前10時前後、当地の気温は39度に達していたが、黄石市政府前には、既に1万人もの大冶市民が集結しており、さらに、現場には人々が絶えることなくやって来ていた。

 黄石市政府は、盾・警棒を持った武装警察数百名を動員し、3度に渡って催涙弾を放ち、政府庁舎に集まった民衆を駆散しようとした。これに激怒した民衆は、警察と激しく衝突した。こうした1万人の怒りに対して数百人の警察はなす術がなく、全面撤退せざるを得なくなった。

 激情した民衆は政府庁舎内に押し入り、黄石市政府オフィスの防弾ガラスや、事務室、門、“為人民服務”の銘を破壊した。また、人々は車庫をこじ開け、高級車輌4、5台を破壊、横転させた。

 その後、更に1万人の大冶民衆が到着すると、彼らは武漢に繋がる武黄高速道路になだれ込み、南北の交通を2時間に渡って遮断した。

 米国・ワシントンポストは、8月1日、6月26日に安徽省池州市で発生した群衆暴動事件の詳細を報じた。ワシントンポストの指摘によると、中国各地では、最近群衆暴動が不断に発生しているが、これは中・下層の民衆の、共産党による官・財の癒着、腐敗に対する不満感情が既に沸点に達しているからであるという。また、こうした暴動が発生しているという事実は、既に、中共当局の心を覆う一塊の巨石となっており、中共の権力者が懸命になって社会の安定を唱えるころが経済発展を唱える上での必要条件となっている。彼らは、群衆の暴動は一旦収拾がつけられなくなれば、中国共産党が権力を失うことを知っているのである。

(記者・高凌)

関連キーワード

関連特集

^