暴動さらに拡大、パリ市内で放火事件発生

2005年11月06日 16時46分
【大紀元日本11月6日】警察に追われた少年が不注意に感電死した事件で当局の処理に不満を抱き、パリ郊外から広がった暴動は十日目を迎え、ノルマンディー地方、地中海沿岸のバカンス地方に拡大した。さらに今日、パリ市内で車13台が燃やされた。AFPが伝えた。

 事件発生から今日までの十日間に、2000台近くの車が燃やされ、300人が逮捕されたという。事件の収拾が早急につかない限り、被害はさらに拡大することが懸念される。

 フランス国家警察報道官によると、4日夜から5日早朝にかけて、少なくとも車800台が燃やされ、144人が逮捕された。ノルマンディー地方のエブルーで車50台が放火され、警官5人と消防士3人が負傷した。パリ市内でも、車13台が燃やされた。また、放火などの暴動に際して、ショッピングセンターから商品を盗み取るなどの窃盗や破壊行為が初日から頻発している。パリ市内の放火事件の手口が他の地域と類似していることから、鬱憤を晴らす模倣犯の可能性があるとみられている。

 パリ東部のオールネ・スー・ボワでは5日朝から、一般市民らによるデモが行われ、暴動をやめるよう呼び掛けた。

関連キーワード
^